第4回ダイバーシティ経営大賞・パネルディスカッション--受賞企業担当者に聞く経営戦略としてのダイバーシティ

 

○須田
今日は「経営戦略としてのダイバーシティ」、副題として「自社独自の経営戦略に連動したダイバーシティストーリーを設定しよう」というテーマでお話しさせていただきます。

 

 

企業の中には、「とりあえずダイバーシティをやらなければ」とか「社長が言うから仕方がない」との理由でダイバーシティを行っているところもあると思います。社長の中にも、「業界各社が行っているから、ダイバーシティを始めよう」という方がいらっしゃるかもしれません。しかし、本当にダイバーシティを定着させるためには、それを進めることが企業の競争力に寄与しなければなりません。企業のトップである社長から一般社員まで全員がダイバーシティを行って得をしたというように思わないと、本気になって取り組むということにはなりません。

人間は自分が得となることを一生懸命行いますが、これは組織も同じです。この「得」とは最終的には売り上げや利益かもしれませんし、「最近、わが社は意見を言いやすくなった」「新しいアイデアが出るようになってきた」ことかもしれません。あるいは「ものが言いやすくなって会社へ行くのが楽しくなった」「創造的なアイデアが生まれやすくなって、新しい商品・コンセプトが登場し始めてきた」ことかもしれません。ダイバーシティに限らず、どのような施策でも何か結果が出て得をすれば、これを推進しようとします。しかし、結果が出なければ定着させることは難しいですし、単なる流行として終わってしまうことになります。

ダイバーシティを流行として終わらせないためには、ダイバーシティを経営戦略と結びつけて、独自のストーリーをつくることが大切です。どこの企業であれ、特定の課題や問題を抱えて、それらに対応するための経営戦略を持っています。経営戦略は「どのような事業領域で、どこで、誰が、誰に対して」という設計図を描き実践していくわけですが、さらに経営戦略は「全社戦略」または「企業戦略」と言われる部分、「事業戦略」あるいは「競争戦略」と言われる部分、それから「経営機能別戦略」に分かれます。ダイバーシティ担当者は、こうした分野にそれぞれ具体的に連動した形でストーリーを設定してください。この経営戦略とダイバーシティを連動することで、ダイバーシティを進めることが経営戦略の実現につながる、そして組織も自分も得をする、そうなればダイバーシティの実施に対して「腑に落ちる」ということになり、全員が頑張ってダイバーシティに取り組むことにつながると思います。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT