あなたにも出来る!社労士合格体験記(第32回)--時間外労働の基準は休日労働に適用されない

あなたにも出来る!社労士合格体験記(第32回)--時間外労働の基準は休日労働に適用されない

2006年1月15日午前8時、東京駅八重洲口から出発した夜行バスが無事高知駅に到着。ちょうど日曜日の朝市が開かれているというので訪れてみると、香ばしい匂いが立ち込めています。朝の腹ごしらえにと、早速、鯛焼きをパクつきました。

夫婦で大きな口をあけて食べているのが目立ったのでしょうか。高知県商工観光部の人が我々に声をかけてきました。聞けば高知の朝市は、江戸時代の「土佐藩大定目」にも記され、300年以上の歴史を誇るものとのこと。野菜、果物、骨董品、日用雑貨など種々雑多なものが売られていました。その中で、我々の食指を動かしたのは、ほくほくの芋天。口全体にやさしい味が広がり、夜行バスの長旅の疲れもいっぺんに吹き飛びました。

20年ぶりの再会

実は、高知に来たのは「功名が辻」以外にも目的がありました。20年以上、年賀状のやり取りだけが続いていた、久しぶりに会いたい友人が住んでいたのです。

1984年、ラジオたんぱ入社3年目の私は、人気番組を担当することになりました。夜11時台に生放送していた、「合格いっぽん道」という大学受験情報番組です。メインパーソナリティの漫画家「ひげ照」こと飯塚よし照さんは、日本全国の受験生に慕われていましたが、現役大学生を番組アシスタントに起用していることも魅力の1つでした。新年度から放送時間を拡大し、さらにアシスタントも増員することになり、オーディションが実施されることになりました。

そこで出会ったのが、高知県出身の「ペコちゃん」こと村井良江さんです。話のやり取りの感じが、とてもよかったのに加え、地方出身で東京の大学に進学していることや、高校時代に番組リスナーだったことも好印象で、彼女なら受験生の悩み相談にも親身に対応できると確信。私のイチ押しに選びました。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT