8月の復旧に向けて全力、より踏み込んだ支援を--民間病院の震災被害と完全復旧への取り組み


--当時の院内の状況はどのようなものでしたか。

日頃から災害時の訓練を欠かさずにやっており、非常用の食料や備品は3日分備蓄していた。しかし、3日でライフラインが通じる保証がない中で、患者さんには食料や薬を普段の3分の1減で我慢していただいた。

震災翌日には病院の周辺から水が引いたものの、市役所は3日にわたって水につかっていて近づくこともできなかった。その後、橋の代わりに敷設された長いテーブルをつたって市役所にたどり着くことができたが、当初、患者さんの搬送や電気や水、ガスの復旧について約束を取り付けることはできなかった。消防や警察からも自力での対応を求められた。

窮地を脱したのは、当院が所属する医療法人社団健育会の各病院施設から支援が届いたことがきっかけだった。東京、札幌のグループ病院などから医師や看護師、介護職員が支援に駆けつけ、食料やカセットコンロ、おむつなどの支援物資を届けてくれた。
 
 その後も、医療スタッフの支援が続けられた。全国展開する医療グループに所属していたことは本当に幸運だった。その後、大手新聞に当院のことが大きく報道されたことで、市役所から支援物資が送られてくるようになった。

--教訓としてどんなことがありますか。

職員は震災後5日間にわたって自宅に帰ることもできず、不眠不休で患者さんへの対応に当たった。今回は4日目に応援があったが、5日間くらいは何も支援を得られないことを前提に災害対策を講じておく必要があると思った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT