84歳バフェット株主総会に4万人熱狂の理由

ビル・ゲイツも参加し一般株主におもてなし!

株主総会当日の早朝、新聞投げ競争のイベントに参加する、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏と「投資の神様」バフェット氏。視線の向こう側には家のポストがあり、どれだけ近くに新聞を投げれるかを競う。ゲイツ氏の表情は真剣そのものだ(筆者提供)
いよいよ日本でも株主総会が本格化、16日はトヨタ自動車の総会も開催。「種類株」についての質問などが注目を集めそうだ。
株主総会の形はさまざまだが、やはり改めて比較したいのが、世界一の投資家ウォーレン・バフェット氏のバークシャー・ハサウェイの総会だ。今年は同氏が繊維会社だったバークシャーを買収して、投資会社として再出発してから50年目の株主総会。「投資の神様」はランチタイムをはさんで丸々約6時間、株主からの65もの質問にほぼ一人で回答した。5月に開催されたバークシャーの総会について、独立系の資産運用アドバイザーである尾藤峰男氏に寄稿してもらった。

株主総会への参加は、なんと4万人!

バークシャー・ハサウェイの株主総会が、米国ネブラスカ州オマハで開催された(5月2日)。オマハは、シカゴから飛行機で約1時間半ほどの場所にある。私自身は、今回が昨年に続き2回目の参加だった。

今回の株主総会は、ウォーレン・バフェット氏がもともと繊維会社だったバークシャー・ハサウェイを買収してから50回目の株主総会だ。それだけに参加する株主も多く、前回の3万8000人を上回る4万人超が参加する盛大なイベントとなった。人口43万人の町に、これだけの人数が集まるのだから大変な騒ぎだ。今回の株主総会でも、最高経営責任者である84歳のバフェット氏、91歳のチャーリー・マンガー氏が登壇し、ランチタイムを挟んでまるまる約6時間、株主からの65の質問に回答した。

オマハの賢人と呼ばれ、世界で最も尊敬を集める投資家であるウォーレン・バフェット氏は今の米国経済、株式市場をどう見ているのだろうか。これは日本の投資家も気になるところだろう。

次ページバフェット氏は米国経済をどう見ているのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。