日産・ゴーン社長、「強気の計画」を語る

日産・ゴーン社長、「強気の計画」を語る

2016年度までに世界シェア8%、売上高営業利益率8%を目指す--。6月27日、日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼CEOは、向こう6年間の新しい中期計画を発表した。

一言で言えば、野心的な計画である。現在の日産の世界シェアは5・8%。日産では16年度の世界市場を9500万台程度(10年度7261万台)と読んでいるようだ。そうなると、日産の販売台数目標は約760万台で、10年度実績から約340万台の上乗せが必要になる。

だが実は今回の計画には、具体的な販売台数や利益金額の目標は一切盛り込まれていない。振り返ればトヨタ自動車は規模を追い、品質問題でつまずいた。利益を伴う成長は可能なのか。ゴーン社長を直撃した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT