日産・ゴーン社長、「強気の計画」を語る

日産・ゴーン社長、「強気の計画」を語る

2016年度までに世界シェア8%、売上高営業利益率8%を目指す--。6月27日、日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼CEOは、向こう6年間の新しい中期計画を発表した。

一言で言えば、野心的な計画である。現在の日産の世界シェアは5・8%。日産では16年度の世界市場を9500万台程度(10年度7261万台)と読んでいるようだ。そうなると、日産の販売台数目標は約760万台で、10年度実績から約340万台の上乗せが必要になる。

だが実は今回の計画には、具体的な販売台数や利益金額の目標は一切盛り込まれていない。振り返ればトヨタ自動車は規模を追い、品質問題でつまずいた。利益を伴う成長は可能なのか。ゴーン社長を直撃した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT