日産・ゴーン社長、「強気の計画」を語る

日産・ゴーン社長、「強気の計画」を語る

2016年度までに世界シェア8%、売上高営業利益率8%を目指す--。6月27日、日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼CEOは、向こう6年間の新しい中期計画を発表した。

一言で言えば、野心的な計画である。現在の日産の世界シェアは5・8%。日産では16年度の世界市場を9500万台程度(10年度7261万台)と読んでいるようだ。そうなると、日産の販売台数目標は約760万台で、10年度実績から約340万台の上乗せが必要になる。

だが実は今回の計画には、具体的な販売台数や利益金額の目標は一切盛り込まれていない。振り返ればトヨタ自動車は規模を追い、品質問題でつまずいた。利益を伴う成長は可能なのか。ゴーン社長を直撃した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。