リスニングは精聴&多聴のセットで鍛えろ!

ただ漫然と聞くだけではダメ

松村:そうだったんですね。ただ、あのころは最短距離という実感はなかったですね。聞き取りが弱いのはわかっていたので、単語の丸暗記をしているころから、リスニングの特訓も実は始めていたんです。それでも、聞けるようになったという実感はなかなか湧いてこなかった。単語の暗記に比べると、進歩がない。2カ月続けても、ニュースの意味は一向にわかりませんでした。

それでもやめることなく毎日続けていると、3カ月目ぐらいに「あ、単語が聞こえた」という瞬間がやってきたんです。一言、二言だけなんですけど、音ではなく言葉として聞こえた気がしたんです。そこからは早かったです。初めて聞き取れたと思ってから1週間、2週間ほどで聞き取れる単語の数が劇的に増えました。僕の実体験としては、リスニングに関しては、続けているとワッと聞き取れる日がやってくる。そう信じて続けましょう、ということですね。

授業についていき、試験にパスする秘策とは?

安河内:おお、まさにSlow but steady wins the race.(継続は力なり)ですね。聞き取りに関しては、3カ月でどうにかなったんだ。じゃあ、ITの専門学校の授業にも順調についていけたんですね?

松村:純ジャパが、海外の学校の成績をパスするような英語力を3カ月で身につけるのは無理なのでは? もちろん僕も無理でした。3カ月みっちり勉強しましたが、授業で聞き取れたのは2~3割程度。教科書を繰り返し読み返すことで、ギリギリ理解できるところまで何とか到達する感じでした。

しかも、レポート提出などライティングの課題もたくさんあって、イチから書いていると、とてつもなく時間がかかる。それでいて、出来上がった英文は支離滅裂。最初の学期は自分で文章を書くのは、あきらめました。代わりに教科書と過去問の丸暗記で乗り切りました。試験では出題ページの見当をつけたら、暗記したものを可能なかぎり忠実に書き出すといった具合でした。

そんなふうにして授業と試験を乗り切りつつ、ひたすら英語に触れ、インプットを増やしていったのが1学期目でした。BBCラジオの多聴およびシャドーイング、そしてリスニング教材の精聴の繰り返しで、半年ぐらいを過ぎた2学期目あたりから、ようやく授業の理解度もそこそこに。ライティングも自分の言葉で書けるようになり出しました。

安河内:地道ですね。

松村:いえ、しょせんは、怠け者の努力だった気がします。ホントに地道な人は、英文法書を読んで、英語を理解して考える作業をしますから。僕はたくさん読んで聞いて、ざっくりわかるようになっただけ。パターンで英語を覚えたクチです。

この時期、英語の勉強でこだわったのはインプットの量。人の話を聞くことでインプットもできますが、あまり効率がよくない。相手のペースに依存しますから。読書やラジオを聞いたほうが断然効率が高い。

安河内:ああ、わかります。米国などに何年も留学していたけど、勉強せずに遊んでばかりいたという人なんかがいい例ですね。日常的やりとりは流暢だけど、インプット不足でそれ以上はダメという。Hey bro!(オッス)、 How’s going?(調子どうよ?)、That’s cool.(いいね)、Awesome.(サイコー)とか表面的には流暢だけれども、語彙や表現不足で内容のあることになると、一向に伝えられない。松村さんは授業についていって、いい成績をとるために、実の部分のインプットを優先したんですね。それでITの専門学校にはどれくらいの期間通ったんですか?

松村:最初は1年でいいと思っていました。帰国したら受験して、日本で大学生になることも考えました。でも、夏に戻っても大学の入試は翌春だし、入学時点で21歳。そこから4年はきついなと……。そんなときです、今の専門学校に2年通えば、イギリスかオーストラリアの大学に編入できるという話を聞いたのは。

次ページ成績優秀なら4年生への編入も可能
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT