「コロナ禍→YouTube5500万再生」歌手、驚く正体 野田愛実「ピンチをチャンスに変えた」大胆戦略

✎ 1〜 ✎ 35 ✎ 36 ✎ 37 ✎ 38
拡大
縮小
コロナ禍でYouTubeの動画をきっかけに大きくブレイクしたシンガーソングライター、野田愛実さん(撮影:今井康一)
この記事の画像を見る(25枚)
今、YouTube上には数えきれないほどのカバー曲がアップされている。プロのシンガーやインフルエンサーなど様々な人たちが名曲を歌い、動画を流している。
俗に「歌ってみた」などと言われるカバー動画であるが、そのジャンルにおいてコロナ禍の間に日本でトップクラスに近い再生回数を誇ったのが、シンガーソングライター野田愛実の動画だ。
薄暗い部屋にプロジェクターを投影し歌い上げるその姿は、大きな反響を呼んだ。
この手法もさることながら彼女の歌声を聴いた人たちは驚愕した。なぜ今まで知らなかったのかと。YouTubeの動画をきっかけに大きくブレイクした野田愛実に迫る。
*この記事の前半:「宝石のような歌声」野田愛実の知られざる半生

コロナ禍をチャンスに変えたアーティスト

コロナ禍は世の中の在り方を大きく変えた。とりわけ自粛期間中にライブ活動の制限を余儀なくされたアーティストたちは、それぞれ空白の時を作らぬように取り組んできた。

シンガーソングライター野田愛実は、そんなコロナ禍の状況をチャンスに変え、自らのアーティスト人生を激変させた一人だ。

「最初のステイホームの期間は本当に何もしていなかったし、私は一体何者なんだろうと思って。シンガーソングライターと言っているけど、それで食べられているわけでもないし、ライブに出るわけでもない。それで、このままではいけないと思って始めたのがYouTubeでした」

YouTubeにカバー曲の動画を投稿する。自らの存在意義を問うほどに悩みに悩んだ末の苦肉の策だった。

だが、それが大きくバズり、動画の総再生回数は2024年2月時点で5500万再生を超えるなど日本を代表するカバー曲をメインとする動画チャンネルとなった。

なぜこれほどまでに大きくバズり、視聴者の心をつかんだのか

そこにはシンガーソングライターとしての確固たる信念が存在した。

「サウダージ」のカバー曲(野田愛実公式YouTubeより)
次ページコロナ禍前は下北沢のライブハウスで歌っていた
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT