トヨタが路線修正に布石、国内生産の死守も限界

トヨタが国内生産300万台を維持するうえでの前提は、最大の収益源となる米国市場での販売回復だ。12年にかけトヨタはハイブリッド車の大量投入を計画しているが、その根には高付加価値な車の対米輸出で稼げれば、国内の生産基盤は維持できるとの戦略がある。

米国でシェア急落

だが、1ドル=80円を突破するような円高水準では、ドイツ車や韓国車との競争が極めて厳しくなる。15%台が定位置だった米国でのシェアは足元では10%まで低下した。猛追する韓国・現代自動車との差は紙一重だ。

国内外の位置付けも変容を迫られている。為替の影響をもろにかぶる単独決算は、前期に4809億円の営業赤字を計上。今期も4000億円もの営業赤字が続く見通しだ。技術開発を重視するトヨタでは今期も7600億円の研究開発費を見込んでいるが、そのうち6600億円をトヨタ単体が支出する。稼ぎがないのに負担だけが重いという構造の維持は難しい。

大きな方針転換を迫られる日が近づくトヨタ。経営陣の“演出”はそのための雰囲気づくりの一環だろう。

◆トヨタ自動車の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(撮影:風間仁一郎 =週刊東洋経済2011年6月25日号

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT