"一見デキる風"だけど残念な男子の見分け方 使う言葉、話し方、行動から見極めよう

印刷
A
A

速い人が遅い人を引っ張るチームと速い人も遅い人に合わせるチーム、いったいどちらが先に目的地に着くでしょうか。

答えは、遅い人に合わせたチームです。

速い人が遅い人の手をつかんでぐいぐい引っ張っても、全体のペースが乱れて疲労もたまる。途中で脱落した人を待たなければいけないというムダも発生して、目的地に着くのは遅くなります。

遅い人に合わせると、全体のペースはずっと一定でムダが出ない。そして疲れも少ない。結局、最も効率的に短時間で目的地に着くことができるんです。

この話はビジネスにおいても当てはまります。チームでタスクをこなす時には、最も時間のかかる人にペースを合わせたほうが、チーム全体の生産性が上がるという有名な理論があるんです。『ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か』というビジネス書のベストセラーで紹介された「制約条件の理論」です。

残念なタイプの“一見デキる風”男子は、自分はどんどん先に行って、遅い人にイライラしていることがよくあります。本当にデキる男性は、遅い人に合わせて、チームが効率的に結果を出せるように振る舞っているはずです。

女性の土俵とは

スペックを競う男の土俵に上がって戦うことができる女性も、もちろんたくさんいます。でも無理してすべての女性が男の土俵に上がる必要はありません。女性には女性の「男性を見分けて操る」という土俵があるのです。

最後にボクの大好きなある女性起業家の言葉を紹介します。

「男は子どものようなものだと心得ている限り、あなたはあらゆることに精通していることになるわ ~ココ・シャネル」

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT