投資のプロ10人が選んだ「新NISA」投信ベスト7 何千本もの投資信託の中から何を買うべきか

拡大
縮小

国内株・国内債券・先進国株・先進国債券に4分の1ずつバランスよく投資する。購入・換金手数料なし、信託報酬も割安で、低コストが強み。国内株はトヨタやソニー、三菱UFJなどで、先進国株は米国がメイン。為替ヘッジはない。

 FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスに連動し、先進国株から新興国株、大型株から小型株まで、全世界の株式8000銘柄以上に分散投資できるファンド。現行のつみたてNISAではネット証券の投信積立でよく買われる。

米株式市場の幅広い銘柄を対象とした時価総額加重平均型のインデックスファンド。設定が2021年6月と比較的新しい。小型株も含むため、米株式市場に対するカバー率はほぼ100%であり、大型株中心のS&P500の80%より高い。S&P500よりもリターンが好調なときも。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT