「ミスター外圧」はこうして政治を動かした

慶應大学ジム・フォスター教授に聞く(後編)

フォスター:企業が姿勢を変えればいいというより、まず政府、アカデミア、産業界の間の壁を崩さないとダメですね。政策決定プロセスを図にすると、政府、アカデミア、企業の三角形になりますが、この中で全然、人やアイデアが循環していない。

3者の間で、自由に出たり入ったりすることがありません。政府の人がアカデミアに入ったり、アカデミアの人が企業に入ったりして、違う畑の種を違う畑に持っていくことで、全体が強くなるのです。それに企業と企業の間も循環がほとんどない。日本でスタートアップがなぜ少ないのかというと、優れた経営の才能が大きな会社に固定されているからです。

政府、アカデミア、産業界の間の壁を崩す

米国ではみんな頻繁に仕事を変わります。たとえば同じ仕事を6年間やると、「あの人はちょっと出来が悪い」という目で見られる。つまり30年間同じ会社に勤めたということは誇りではないのです。そういう意味で、私は25年間も国務省にいましたから、いつもお詫びするのです(笑)。

私はマイクロソフトに行くまでインターネットの仕事はいっさいやっていなかったのに、今ではインターネット政策は私の大学の授業のテーマのひとつですね。それで人生が変わったのです。だから人生では、ときどき違う分野で仕事をしないといけないですね。

また、就職をするとずっと企業の中でトレーニングを受けるけれど、違う世界の人と接触するチャンスは少ないですね。そういう意味で、企業も、政府も、アカデミアも含めた日本社会全体が、オープンにならなければいけないですね。これは私の今の専門分野からいうと、やはりインターネットの力をもう少し理解してほしいです。それが本当に新しい日本の経済を作るためのベースになります。

桑島:わかりました。そのとおりですね。今日はありがとうございました。

(構成:長山清子、撮影:今井康一)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。