焼き肉店の食中毒事故はなぜ頻発するのか? 業界、行政の早急な意識変革が必要

焼き肉店で、食中毒事故が立て続けに発生している。

6月2日、大手焼き肉チェーン「炭火焼肉酒家 牛角」を手掛けるレインズインターナショナルは、5月6日に富山県高岡市の店舗へ来店した1組36名のうち、20名に下痢・腹痛の症状が発生したことを発表した。富山県庁厚生部生活衛生課による調査では、腸管出血性大腸菌O(オー)157感染による体調不良であることが判明している。

同課によれば、20名は18~19歳の男女で、うち4名が医療機関を受診した。入院者はおらず、現在、全員が快復しているという。患者の共通の食事が牛角で提供された5月6日の夕食以外にないことから、この食事を体調不良の原因と断定し、詳細については調査を継続している。


■「牛角」を手掛けるレインズインターナショナルの西山知義・代表取締役CEO。「えびす」事故の後、「食材の衛生には絶対的な自信がある」語っていたが…


 グループが注文したメニューは、70品目以上が90分間食べ放題できる「スタンダードコース」。レインズインターナショナルは、このうち喫食数が多かった内臓肉の「豪州産牛ハラミスライス」が原因である可能性が高い、と見ている。

厚生労働省医薬食品安全部監視安全課では、食用の肉は75度で1分間以上加熱することを定めており、O157が付着しやすい内臓肉は特にそれが求められる。また、本来焼き肉を焼く際は、衛生上、調理専用のトングを使うことが必要だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。