10年間放置「空き家になった実家」が片付いた経緯 両親の思い出残る「実家の片付け」で大切な視点

拡大
縮小
空き家のイメージ(写真:haku/PIXTA)
両親が介護施設に入所したり亡くなったりするのをきっかけに起こる「空き家問題」。いざ実家の片付けをしようとしてもなかなか進まず、先のばしになってしまう場合があります。うまく片付けを進めるにはどうしたらいいのでしょうか。
約17万件の空き家情報を自社で調査し、500人以上の所有者からの相談、全国300以上の自治体との対話を重ねてきた和田貴充氏の書籍『今すぐ、実家を売りなさい 空き家2000万問題の衝撃』より一部抜粋・再構成してお届けします。

両親が亡くなり空き家のままの実家

片付けの場面での一例をご説明しましょう。自分で判断できる方は、プロの業者にお願いすれば完了です。しかし多くの方には、片付けて廃棄する事業者に頼むことにすら、背中を押してもらうことが必要なのです。そこで僕たちのように、所有者さんに寄り添って伴走する立場の人が、「もう片付けましょう」「こういった観点で片付けてみては?」と整理をし、プロの事業者に橋渡しする必要があるのです。

ご両親が亡くなって葬儀も無事終え、相続関係の大仕事も終えてホッと一息。気がつけば実家が空き家のまま残されています。実家からは離れたところで生活する子どもにとっては、「ときどきは風を入れなきゃ」とは思いながらも、実家に行っても迎えてくれる親もいないし、通うのは遠いし……。

「なんとかしないとな」と気になりつつ、月日はあっという間に流れてしまいます。そんな「空き家をどうしたらいいかわからない。なんとかして~」という相談を受けると、僕たちはすぐさまその空き家に向かいます。ここも、僕たち空き家活用株式会社の出番です!

こんな事例がありました。少し思い出しながらお話しさせてください。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT