"米国一住みたい街"に日本人も注目する理由

それはNYでもシリコンバレーでもない

地元の食材でヘルシーな料理をつくったり、温暖な気候の下で大自然やスポーツを楽しんだり、アートな生活を送ったり、ボランティアや仕事を通してコミュニティーとかかわったりすることが、ポートランダーの最優先事項だ。

「オレゴン中央部の砂漠から森林、カスケード山脈の山々、全米一の海岸線などの絶景も、ポートランドやオレゴンにぞっこんになった理由の一つだ」(バースさん)。

個人利益を求める価値観とは違う

市内を走る480キロメートルの自転車専用レーン、自転車を買うお金がない住民を対象にした地元信用組合の自転車ローン、製品をリサイクルし、より価値の高いモノを作る「アップサイクリング」、ラーメンからスシ、メキシカン、タイ料理まで、シェフを夢見る若者が料理のイノベーションを競い合うフードカート(屋台)文化――。

スコットさんが挙げるポートランドらしさは、どれも耳に優しく響く。

シャーウッドさんいわく、今の若者の多くは多額の学生ローンを抱え、不況で苦労した分、お金や安定、就職、個人的利益を人生の大切なゴールだと考えがちだ。「ポートランドに移り住むことは、そうした価値観に背を向ける一つの道かもしれない」(同氏)。

「オッケー、もうガーデンに戻らなきゃ」。5月のある金曜日の夕方、起業家ウォールドマンさんから送られてきたメールの最後には、こうあった。

エコで、ヘルシーで、飾らず、自分らしさを追求できる都市、ポートランド。米国のみならず、日本でも注目が集まる理由は、成功至上主義が台頭する中、それとは違う生き方や価値を求めている人が増えているからかもしれない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。