"米国一住みたい街"に日本人も注目する理由

それはNYでもシリコンバレーでもない

地元の食材でヘルシーな料理をつくったり、温暖な気候の下で大自然やスポーツを楽しんだり、アートな生活を送ったり、ボランティアや仕事を通してコミュニティーとかかわったりすることが、ポートランダーの最優先事項だ。

「オレゴン中央部の砂漠から森林、カスケード山脈の山々、全米一の海岸線などの絶景も、ポートランドやオレゴンにぞっこんになった理由の一つだ」(バースさん)。

個人利益を求める価値観とは違う

市内を走る480キロメートルの自転車専用レーン、自転車を買うお金がない住民を対象にした地元信用組合の自転車ローン、製品をリサイクルし、より価値の高いモノを作る「アップサイクリング」、ラーメンからスシ、メキシカン、タイ料理まで、シェフを夢見る若者が料理のイノベーションを競い合うフードカート(屋台)文化――。

スコットさんが挙げるポートランドらしさは、どれも耳に優しく響く。

シャーウッドさんいわく、今の若者の多くは多額の学生ローンを抱え、不況で苦労した分、お金や安定、就職、個人的利益を人生の大切なゴールだと考えがちだ。「ポートランドに移り住むことは、そうした価値観に背を向ける一つの道かもしれない」(同氏)。

「オッケー、もうガーデンに戻らなきゃ」。5月のある金曜日の夕方、起業家ウォールドマンさんから送られてきたメールの最後には、こうあった。

エコで、ヘルシーで、飾らず、自分らしさを追求できる都市、ポートランド。米国のみならず、日本でも注目が集まる理由は、成功至上主義が台頭する中、それとは違う生き方や価値を求めている人が増えているからかもしれない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。