中国新興EVメーカーが「スマホ自社開発」の思惑 クルマとスマホの連携で「顧客体験」の向上狙う

✎ 1〜 ✎ 88 ✎ 89 ✎ 90 ✎ 最新
拡大
縮小
蔚来汽車は1年余り前からスマホの自社開発に取り組んできた。写真はNIO Phoneをお披露目する創業トップの李斌氏(同社ウェブサイトより)

中国の新興EVメーカーの蔚来汽車(NIO)は9月21日、同社が自社開発した初のスマートフォン「NIO Phone」を発表した。

NIO Phoneはプロセッサーにアメリカのクアルコム製の「スナップドラゴン8 Gen2」を採用し、ディスプレーは韓国のサムスン電子製の6.81インチ曲面有機ELパネルを搭載。価格は6499元(約13万1600円)からで、9月28日に発売する。

蔚来汽車は1年余り前にNIO Phoneの独自開発に着手。スマホの開発エンジニアを自社採用し、現在のチームの規模は約600人に上るという。今後も毎年1機種のペースでニューモデルを投入する計画だ。

大手スマホメーカーとは競わず

蔚来汽車の創業トップで董事長(会長に相当)を務める李斌氏は発表会で、NIO Phoneの専用イヤホンも開発中であることを明かした。と同時に、李氏は「自社ブランドのスマートウォッチやタブレット端末の開発計画は今のところない」と述べた。

ここ数年、中国のスマホ市場は低空飛行が続いている。市場調査会社のIDCのデータによれば、2023年4〜6月期の中国市場の総販売台数(メーカー出荷ベース)は6570万台と、前年同期比2.1%減少した。

そんな中、OPPO(オッポ)、vivo(ビボ)、小米(シャオミ)などの大手スマホメーカーは過酷な競争を繰り広げている。蔚来汽車のような新参者が容易にシェアを獲得できる市場ではない。

にもかかわらず、なぜあえて参入を決断したのか。この疑問に対して李氏は、蔚来汽車に大手スマホメーカーと正面から競う体力はないことを認めたうえで、NIO Phoneの自社開発の狙いは「クルマとスマホの連携を通じたカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)の向上にある」と強調した。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT