ソニーはなぜハッカーに狙われたのか、「アノニマス」の正体


攻撃の2カ月前に暴露されていた脆弱性

ただ、計画の中には情報詐取は含まれていない。複数のセキュリティ専門家は流出事故の伏線として、アノニマスのメンバーが開設したとされるチャットサイトの会話に注目している。2月16日、正午から午後2時近くの間に交わされたその会話の一部を再現してみよう(以下のAからEは実際にはハンドルネーム)。

A:(PSNにクレジットカード情報を送信して見せて)ほら、平文(暗号化処理が行われていないデータ)だろう

B:うわあ

C:平文なのか

A:一般的には企業はこういうデータを2重に暗号化するけどね。だけどほら、ソニーだから「それは仕様です」ってことか

D:LOL(笑うという意味)
(中略)

E:もしソニーがこのチャットを見ていたら、脆弱性が明らかになっているアパッチ(ウェブサーバーソフトの名称)の古いバージョンをレッドハットのサーバーで使うことは賢明じゃないと気づくべきだ

A:古くない。単にソニーがアップデートしていないだけだ

発言者はいずれもPS3を愛用するソニーファン。前後の文脈からは、この会話が攻撃を検討したものではないことも推測できる。だが、会話は実際にハッキングを行ううえでの着眼点を与えうる内容で、ソニーを攻撃したいという動機さえあれば役立てられる。当時増え始めていたソニーに不満を感じるハッカーがこの情報を目に留め、後の攻撃計画に共鳴する形で実行した可能性は十分ある。その場合に、「計画外だ」と判断し情報流出を抑止する統率力はアノニマスにはない。

民主化活動とウィキリークスを支援

アノニマスの歴史は古く、2003年ごろには活動を始めていたようだ。だが、耳目を集めるようになったのは、内部情報告発サイト「ウィキリークス」を支援する目的で10年冬に展開した「オペレーション・ペイバック(報復作戦)」だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。