「猫舌」に困る、あの人に教えてあげたいこと

「生まれつきの体質」が原因じゃない!

(写真:Graphs / PIXTA)

会食やデートの食事に、よかれと思って仕込んだ鍋のお店。いざメインの料理が運ばれてきたら、「すいません、自分、猫舌なので……」と言われてしまい、お互い気まずい空気になったことはないだろうか?

猫舌じゃない人間からすれば、事前のリサーチ不足からくる申し訳ない気持ちと同時に、「熱いものを熱いうちに食べないってどういうこと?」と、逆ギレにも近い怒りの感情がふつふつと込み上げることもある。

逆に猫舌の人間にしてみれば、誰かに迷惑をかけているわけでもないのに「すいません」と謝り、食事の相手や店側に何となく恐縮をしなければならない状況に、イライラ、もやもやすることもあるだろう。

しかし、そもそも「猫舌の人」と「猫舌じゃない人」には、いったいどんな「差」があるのだろうか? 猫舌は生まれつきだからと諦めるべきなのか? それとも、何かの訓練でもすれば解消するものなのか? 自分が猫舌だと子どもにも遺伝するのだろうか?

そんなさまざまな疑問が沸く中、TBSテレビ『この差って何ですか?』(5月24日<日>よる7時放送)取材班は口腔外科医の青山智美先生に話を聞いた。

衝撃! 舌の構造に差はない!?

青山先生によれば、「舌の構造そのものや、温度を感知する神経などの個人差は、ほぼない」という。

どういうことか。人間の舌はそもそも先端にいくほど熱に敏感で、奥になるとそれほど熱に敏感でなくなる。このことは、誰しもにほぼ共通することで個人差は基本的にないというのだ。

次ページなぜ「猫舌の人」と「猫舌ではない人」に分かれるの?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。