米SECが「虚偽申請」を見抜けない理由

エイボンへの謎の買収提案で再び注目

2012年末、ロッキーマウンテンチョコレートファクトリーは正体不明の英投資会社によって、SECの情報開示システムに虚偽の公開株式買い付け提案の情報を流された(写真:Jordan Stead/The New York Times)

調査で多大な負担を迫られる

ロッキーマウンテンチョコレートファクトリーのブライアン・メリーマン最高財務責任者(CFO)に言わせれば、株価操作を目的に米証券取引委員会(SEC)のシステムにアクセスし、虚偽の企業買収提案を届け出るのはあまりにも簡単だ。

ロッキーマウンテンはコロラド州に本社を置く、チョコレートやキャンディーの小売りを手掛ける比較的小さな企業だ。米化粧品大手エイボン・プロダクツ同様、正体不明の英投資会社によって、SECの情報開示システム「EDGAR(エドガー)」上に虚偽の公開株式買い付け(TOB)提案の情報を流された経験がある。

メリーマンによれば、事件が起きた2012年12月、ロッキーマウンテンは調査のために多大な時間と資金を投じる羽目になった。

「ばかげた話だった」とメリーマンは言う。「対応と調査を余儀なくされ、弁護士の力も借りなければならなかった。詐欺がらみだというのはわかっていたのに」

EDGARへの届け出を許可された投資会社や個人に対してもっと強力なチェック機能が働いていれば、虚偽の買収提案騒ぎなど起こらなかったのではないかとメリーマンは言う。

「書式を提出するだけでできてしまうのだから」とメリーマンは言う。

次ページそれに対するSECの声明は?
人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。