新制度になっても「待機児童」は解消しない

ワーストの世田谷区にその理由を聞いた

問題が解決しない要因について、世田谷区は「共働きの増加」を挙げる。保育所への申し込み数は、未就学児世帯全体の約40%に上り、10年前に比べ倍増しているという。「特にリーマンショック以降、増えた」と、上村氏。また、最近の傾向についてこう語る。「赤ちゃんの数が右肩上がり。昨年の出生数は7965人だった。また、ここ5年で家族世帯の転入も多く、未就学児が毎年1000人ずつ増えている」。

Aさんも昨年、世田谷区にマンションを購入した転入組だ。保活激戦区と知りながら、なぜ世田谷区を選んだのか。「実家が近く友人も多いなじみの地域。住宅地で環境もよい。家を売却するにしても物件価格の下落リスクが低い。隣接区も待機児童の状況がよいわけではない」。

職住近接が子育て世帯のトレンドとなる中、街の魅力は待機児童を激化させる一因となっており、区も複雑な心境だろう。世田谷区は2023年に子どもの数が減ると予測するが、人口予測にハズレはつきもの。「現在の人口は都内最大の88万人。10年前の予測より5万5000人も増えた。5万人とは、市がひとつできてしまう規模。今後も人口予測は難しい」(上村氏)。このほか、「静かに暮らしたい」という住民の反対もあり、施設整備が計画通りに進まない懸念もある。

共働きの増加、ファミリー層の都心回帰、3歳の壁、住民の施設建設反対――。激戦区に共通する問題ばかりだ。世田谷区は、まさに都心の待機児童問題の縮図。新制度は、あくまで実施主体を自治体としているが、努力が報われない状況から、上村氏はこう漏らす。「育休を長めにとってもらわないと待機児童は解消しない。企業も、育休後にキャリアが遅れないよう女性を支援してほしい」。

理想は10~15時の超時短勤務

実際のところ、「環境さえ許せば長く休みたい」「無理なく働きたい」と思う女性は多い。Aさんも、本当のところはバリバリ働きたいわけではない。本音は「子どもが中学生になるくらいまでは、10~15時の超時短勤務が理想。高コストなのは重々承知だけど、せめてフレックスを使いたい」。

さらに、「特に外資系含む中小企業にとって、育児中の社員を抱えるのは負担になる。たとえば、時短勤務社員の割合に応じて補助を出すなど、国から企業に対して支援はできないものか。会社が積極的に働くママを支えたいと思えるような政策があれば、女性も働きやすくなるのでは。また、子どもがいない人や男性にも不公平感のない配慮を」と提案する。

待機児童解消につながるかは別にしても、「子育てしやすい社会」の実現のためには、世田谷区やAさんの言うとおり、自治体だけではなく国や職場の支援と同時に、育児中の人を「サポートする人たち」への配慮なども必要だろう。

次ページ見逃されがちな「質」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。