川崎汽船の黒谷研一社長が「戦意喪失」で突如辞任、その背景は…


 もっとも、こうしたメッセージとは裏腹に、今回の大震災で川崎汽船が行った支援は、公表ベースでは、義捐金の拠出のみにとどまっている。海運大手他社の日本郵船や商船三井がフェリーや豪華客船、救援物資運搬船を無償で利用に供したのとは差がある。
 
 同社の経営判断の中に黒谷氏の思いはどう反映されたのだろうか。

震災後の4月に、長年慣れ親しんだシンガポールへ行ったことが、黒谷氏に大きな心境変化をもたらしたのかもしれない。もちろん、それがどんなものだったのかは想像できない。

黒谷氏は6月の株主総会まで取締役にとどまる。その後のことを前川会長は「追って決めたい」とのみ述べるにとどまっているが、経緯上、株主総会で取締役に再任されるとは考えにくい。

黒谷氏の後任は朝倉副社長だ。前川会長が指名したのではなく、5月13日午前9時に急遽開催した臨時取締役会で決議した。朝倉新社長は「ナンバーツーというのは常にこのようなこと(=突然の社長交代)はあると覚悟していた。環境は良好とは言えないが黒字決算を目指してがんばりたい。財務体質の強化や選択と集中に取り組みたい。黒谷氏と一緒に作った中計をきっちりやるのが私のミッション。コンテナ船、自動車船、バラ積み船の3事業を強化していきたい」と抱負を語っている。黒谷氏について聞かれると、「はっきりモノを言う、明るいタイプの黒谷氏を見習っていきたい。黒谷時代と同様に、風通しの良い社風にしたい」と朝倉新社長は述べた。

朝倉新社長は1950年7月31日生まれの60歳。神戸大学法学部卒。2000年に鉄鋼原料グループ長。05年取締役。07年常務、09年専務を歴任し11年4月に副社長になったばかり。出身地は兵庫県。趣味は町歩きとB級グルメなどサブカルチャー。座右の銘は「改むるに憚ることなかれ」。
(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

◆川崎汽船の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。