「創造的であること」を強いられる社会は幸せか 逝去した「欧州最強の知性・コーエン」の嘆き

✎ 1〜 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13
拡大
縮小
フランスの経済学者 ダニエル・コーエン
逝去したフランスの経済学者・思想家、ダニエル・コーエン氏(写真:Alain DENANTES/Gamma-Rapho/Getty Images)
テクノロジーの発展が経済成長につながらないのはなぜなのか? 労働者が常に「クリエイティブであること」を強いられる社会は幸せなのか?
現在の世界的な「脱成長」論ブームにもつながる問いを投げかけた欧州の代表的な知性の一人、経済学者・思想家のダニエル・コーエン氏が、先日、70歳で逝去した。
本稿では、大阪大学大学院経済学研究科教授の安田洋祐氏によるダニエル・コーエン氏へのインタビューが収録されている『欲望の資本主義2』から、一部抜粋・編集のうえ、お届けする。

失われた雇用の受け皿となる産業がない

安田洋祐(以下、安田):新しいテクノロジーにより多くの仕事が奪われ、雇用が失われる不安が増殖する一方で、新たな雇用も創出されています。全体的な影響をどのように評価されますか。

ダニエル・コーエン(以下、コーエン):人間の労働がロボットやソフトウエアに完全に取って代わられるのではないかという議論ですね。それは随分昔から懸念されていたことです。専制君主制を創始し軍人皇帝時代を終わらせた古代ローマ帝国のディオクレティアヌス帝にも有名な逸話があります。

欲望の資本主義2
『欲望の資本主義2』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

労働者の生活の糧が奪われることを心配して、円柱をつりあげる機械の導入に反対しています。テクノロジーや機械が人間に取って代わることに対する懸念は常にありました。そして、事実として、テクノロジーは人間の労働に大きな影響を与えてきました。

最たる例が農業です。技術革新によって、世界中の農民が職を奪われたのは明らかです。先進国には農民はもうほとんどいません。フランスでは1〜2%です。日本でも農業人口は少ないでしょう。人口比率ではフランスと同程度ではないでしょうか。技術革新で生産性が向上したため、以前より労働力が必要なくなったのです。その結果、何が起こったか。今の状況との興味深い類似点が見られます。

次ページもし産業革命が起こっていなかったら?
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT