同志社大学・太田肇教授の新モチベーション論(第3回)--古くて新しい大家族主義経営とは?

同志社大学・太田肇教授の新モチベーション論(第3回)--古くて新しい大家族主義経営とは?

中小企業の経営者は2つの目標を同時に達成しなければならない。1つは生産性を上げること、もう一つは会社の人間関係をよくすることだ。これは車の両輪のようなものであり、伝統的なリーダーシップ論では定説となっている。

表彰も、それに一役買うことができる。一方では個人や組織の功績を讃え、他方では表彰をとおして社員の連帯感を強めたり職場の雰囲気を良くしたりすればよい。関西で美容院を経営するビューティサロンモリワキ(代表取締役:森脇嘉三)では、この2タイプの表彰がバランスよく取り入れられている。

優秀な成績を讃える表彰には、店舗を対象にした「スタッフ一人あたりの生産性最優秀店」「年間カラー比率最優秀店」「年間トリートメント比率最優秀店」「年間新規比率最優秀店」「年間総合売上げ最優秀店」、個人を対象とした「年間売上げ優秀者」「指名獲得優秀者」「個人販売優秀者」などがある。

これらの多くは、ずっと以前から存在した。そして、同社は右肩上がりで売り上げを伸ばし続けていた。

ところが7年ほど前に転機が訪れた。入社4年目の次期スタイリスト候補の13人の社員が大量に辞め、わずか4人になってしまった。売上げアップを追い求めるあまりに社員への配慮が行き届かなくなり、そのツケがスタッフに回っていたのだ。

そこで森脇社長は目先の業績を追う姿勢を改め、すべてのお客様に感動と喜びをプレゼントすることを会社の経営方針にした。お客様に感動と喜びを与えるには、スタッフ自身が感動し喜びを味わわなければならない。

その一環として取り入れたのが、次のような表彰制度である。

■ほころびメール

スタッフが感動した話を専務に送る。専務はそれを毎日全社員に送信するとともに、その中から内容の優れたものや件数の多い人が表彰される。また、感動した話は「ほころび新聞」に掲載される。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT