36歳「グラドル兼タクシードライバー」の生き様 月22日勤務、合間にグラビアの個人撮影会をこなす

✎ 1〜 ✎ 36 ✎ 37 ✎ 38 ✎ 最新
拡大
縮小
中島由依子
テレビ番組への出演が大きな反響を呼んだ中島由依子さん(撮影:田端杏奈)

職業、グラビアアイドル兼タクシードライバー。

中島由依子、36歳の肩書である。タクシーに寄りかかり、東京タワーをバックに水着でポージングを決める彼女の姿がそこにはあった。フジテレビ「ザ・ノンフィクション」の『夢を追うタクシー ~目的地はまだ遠くても~』の中でも特集された彼女は、グラビアアイドルとして活動しながらタクシードライバーとして勤務し1年半が経過した。

「お姉さん、本当にタクシードライバーなの?」

今では乗客から、そんな声をかけられることが中島さんにとって日常の出来事となった。

月22日間、ドライバーとして勤務

決して腰掛けというわけではない。中島さんは日勤で月22日間、タクシー乗務員として勤務をこなしながら、芸能活動に勤しんでいる。タレントとしての仕事は、グラビアの個人撮影会が主だ。まだ自身を芸能人ということもはばかられるほど、商業分野での仕事は多くはない。それでも現在の収入は、芸能とタクシーで半々になったという。

「芸能人としては鳴かず飛ばずだった私が、タクシーという付加価値で仕事が増えてきたんです。36歳という年齢も武器にしていますよ(笑)。実際にSNSでもタクシーの制服と水着の写真を交互に載せると、みなさんの反応がいいんですよ」

タクシードライバーの働き方は年々多様化しているとはいえ、中島さんのような存在は希少でもある。異色のキャリアを持つ、中島さんの生き様に耳を傾けた――。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT