AIによる画像生成は「著作権侵害」にあたるのか 知らないと危ない「生成AI」の使い方とその論点

拡大
縮小
生成AIと著作権に関する論点について解説します(写真:tadamichi/PIXTA)
生成AIを使って画像などを生成する人が増えていますが、例えば既存の著作物の機械学習や、画像などを生成したり、ネットにアップすることは著作権違反にあたらないのでしょうか。本稿では、『ChatGPTの法律』の共著者の1人である田中浩之弁護士が、生成AIと著作権に関する論点について解説します。

生成AIの開発・学習段階の問題

著作物とは、思想、または感情を創作的に表現したもので、文芸、学術、美術、音楽の範囲に属するものを言います。典型的には、論文・絵画などがこれにあたります。たんなる事実・データは、著作物にはあたりません。

ただし、データベースでその情報の選択、または体系的な構成によって創作性を有するものは、著作物として保護されます。裁判例では、タウンページデータベースは著作物性が認められています。また、著作権法は、「表現」を保護していますので、表現を離れた抽象的なアイデアは著作物にはなりません。

著作物は、情報解析その他の当該著作物に表現された思想又は感情を自ら「享受」し又は他人に「享受」させることを目的としない場合には、その必要と認められる限度で、著作権者の許諾なく利用可能です(著作権法30条の4)。

著作権は、文章を読んだり、写真や絵画を鑑賞したりして楽しむこと(享受目的利用)については及びますが、非享受目的利用については及ばないことになります。生成AIを開発する機械学習も情報解析として非享受目的利用にあたりますので、原則として、著作権者の許諾なく行うことが可能です。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT