ChatGPTを使いこなせない人と使いこなす人の差 対話型AIができること、できないことは何か

✎ 1〜 ✎ 90 ✎ 91 ✎ 92 ✎ 最新
拡大
縮小
ChatGPT
価値の高い利用法はあるがアイデアを考えるのは、やはり人間だ(写真:Supatman/PIXTA)
対話型AIとして劇的な性能を備えたChatGPTの登場に大きな衝撃が走っている。多くの人は、対話型AIにクリエイティブな仕事を求める。しかし、それは、無理な要求だ。ただし、対話型AIは、資料のありかを教えてくれるなど、力強い手助けになる。だから、無視してはならない。
昨今の経済現象を鮮やかに斬り、矛盾を指摘し、人々が信じて疑わない「通説」を粉砕する──。野口悠紀雄氏による連載第91回。

対話型AIをどう使えばよいか?

対話型AIが利用可能になり、さまざまな反響を呼んでいる。

どのような利用法が可能だろうか? これまでいろいろ実験して、ある程度の方向感をつかむことができた。

利用法を考える場合にもっとも重要なのは、出力された内容が正しいという保証はまったくないと、十分認識することだ。出力された文章は、文法的にはほぼ完璧で、知的な人間が書いた文章と見分けがつかない。このため、書いてある内容を信頼したくなる。しかし、そうではないのだ。

では、内容の正しさが保証されないから使い道がないのかと言えば、そうではない。それを踏まえた上での利用法はある。

以下では、このような観点から、対話型AIの利用法を探る。

価値が高い利用法として、まず「翻訳」がある。

例えば、内容を指定して、英文のメールを書いてもらう。あるいは、外国の文献を指定して、訳してもらう。

翻訳はすでにGoogle 翻訳などでもできることだが、対話型AIだと、かなり長い文章もできる。また、翻訳された英文も、Google 翻訳よりはこなれたものになっているように思われる。

次ページ「要約」も得意領域
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT