産休明け、職場復帰を前に準備すべきこと

優先順位を付けて取り掛かろう

原さん、これは決してイタイ相談ではありません。むしろ非常に立派な悩みです。育児で職場を一度は離れざるを得ない方は今後も多くいらっしゃるでしょうし、そういった方達がどのようにスムーズに復帰するか、これは個々人の努力もさることながら、社会そして会社側の体制も大いに変わるべき問題です。

相談内容をみますと、原さんの気の持ちようはたいへん立派です。その気持ちがあるだけでも、意外とすんなり復帰できるのではないか、と思います。

さて、3年10カ月のブランクを経て職場に復帰する際に何をすべきかと、というご質問です。仮に私が原さんの復帰を受け入れる側の立場であれば、仕事をスムーズに進めるための「心の準備」、「仕事をスムーズに進めるためのツールの学習」程度だと思います。

まずは落ち着いて取り掛かりましょう

その説明の前に、原さんにはまず、とにかく落ち着いて頂きたいと思います。貴重な時間ですから、慌てることなく、必要なことに時間を割くようにしてください。

そもそも、以前の職場に復帰する前提で、現在30代後半とのことですから、恐らく4年程度のブランクの前にその3倍程度の十数年の実務経験を持っているのだと思います。まず、その経験が、原さんの最大の武器であることを認識してください。

「一つの仕事を一人で完結出来ない状態であった」と記載されておりますが、そのような前提が共有されている中でも復帰してほしい、というのが職場サイドの考えでしょうから、過度にご自身の仕事における価値自体に疑念を抱く必要はありません。

頂戴した文章からの推測ですが、原さんは真面目で、内に秘める上昇志向の強い方のようにみえます。そういった原さんの良い面を見て、職場も復帰をしてほしいと願っているのではないかと思います。

本題に入りましょう。復帰前に勉強しておくべきことは何か。まずは、「心の準備」として、2点ほどアドバイスがあります。

1点めは、現在も職場にいらっしゃる方にコンタクトを取り、以前と何が同じで何が違うのか、新しく起きていることは何か、などの情報を収集してください。

次ページ不確実性をつぶしましょう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT