中東諸国の「自動運転技術導入」で中国勢が先行 ウィーライド、UAEで初の「国家ライセンス」獲得

✎ 1〜 ✎ 1285 ✎ 1286 ✎ 1287 ✎ 最新
拡大
縮小
ウィーライドは中東諸国にいち早く進出した。写真はUAEの首都アブダビを走行する同社の自動運転タクシー(ウィーライドのウェブサイトより)

中東諸国で交通インフラへの自動運転技術の導入が進むなか、中国企業が先んじて商機をつかんでいる。

アラブ首長国連邦(UAE)の副大統領兼首相で、ドバイ首長国の首長でもあるムハンマド・ビン・ラーシド氏は7月3日、自動運転車両の路上走行を国家レベルで認める初のライセンスを、中国の自動運転スタートアップの文遠知行(ウィーライド)に与えると発表した。

「今回のライセンス発給は、UAEの未来に向けたモビリティー変革(への意思)を反映したものだ」。ラシード氏はそう述べ、ウィーライドに対する強い期待を示した。

開発企業を積極的に誘致

ラシード氏が首長を務めるドバイは、「2030年までに市内交通の25%を自動運転車両に移行させる」という目標を2016年に掲げ、自動運転技術の開発企業の誘致を積極的に進めてきた。

ウィーライドは国家レベルのライセンス取得により、UAEの国内各地で自動走行車両のテスト走行や営業運転が可能になる。同社が開発した自動運転タクシー、自動運転バス、自動運転トラックなどの車両とサービスを、順次展開していく計画だ。

次ページ中東諸国にいちはやく進出
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT