「ニコニコ超会議」、熱狂の渦に見えた死角

「若き老害」が名物イベントをメッタ斬り

その後、出演会場である超言論エリアに向かって歩いたのだが、とにかく沢山の人がいる。コスプレをしている人も多くて、それぞれのエリアが楽しそうで驚いた。ところどころで、山車のようなものも現れる。私が会場にいた時には、「自宅警備隊(ネットスラングで、ニートなどを意味する言葉)」なる垂れ幕をつけたコスプレ軍団たちが通りすぎて行った。海上自衛隊の山車もあった。お祭り感が半端ない。

アトラクションも多様だ。プロレスや相撲のコーナーまである。そういえば、ネットニュースによると、このプロレスコーナーではボブ・サップと小林幸子が戦ったらしい。

コスプレイヤーも多数いた。「一緒に写真を撮ってくれませんか」とお願いすると、皆、喜んで受けてくれた。しかし、その写真撮影を妻に頼んだのはまずかったかもしれない。

来場者の年齢層は、幅広いものの、基本10〜20代前半が中心であるように感じた。皆、各ブースで踊ったり、ゲームをしたり楽しんでいる。

私もだが、それ以上に衝撃を受けていたのは、妻である。「世の中には、こんな人たちがいるのね・・・本当にいたのね・・・」と。ネット文化、オタク文化が凝縮されたような空間がそこにはあったのだ。

超言論エリアの格差が激しすぎる件

さて、超ゲンロンエリアに到着。私がついた頃にはひろゆき氏などが壇上で、ちゃぶ台を囲んだような状態でトークしていた。

当初は、このメインステージに登場するものだと思っていた。しかし・・・。このエリアはよく見ると、丑、寅、卯、酉、戌、亥の小さなブースが周りに点在しているのだった。私たちはこの小さなブースでの参加ということだ。いや、もともと確認していなかった私が悪いのだが、この「格差」に正直、凹んだ。

次ページ凹んでしまったが…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。