「イカゲーム」生みの親が全く稼げなかった裏事情 事情に疎く、Netflixと不利な条件で契約

拡大
縮小
イカゲーム Netflix
第2シーズンの製作が進められている『イカゲーム』(写真:Netflix)

2021年9月にNetflixで配信されるや否や、韓国発のドラマシリーズ『イカゲーム』は全世界で爆発的にヒットした。最初の28日に視聴された時間は16億時間で、Netflixの歴史で過去最高。その記録は現在も破られていない。

シリーズはプライムタイム・エミー賞、放送映画批評家協会賞などにノミネートされ、主演男優のイ・ジョンジェと助演女優のチョン・ホヨンは栄誉ある全米映画俳優組合賞を受賞している。このドラマに想を得て製作されたリアリティ番組は、今年秋にNetflixで配信開始の予定だ。

このシリーズのおかげで、Netflixの企業価値は9億ドルも上昇したとされる。しかし、驚いたことに、クリエーターで監督、脚本家のファン・ドンヒョクは、その恩恵をまるで受けていないというのだ。

「Los Angeles Times」が報じるところによれば、ファンが稼いだのは「なんとか食べていける程度」の額とのこと。それというのも、最初に彼は、この作品の知的所有権も、レジデュアルも放棄するという契約書に署名してしまったからだ。

レジデュアルとは、作品がテレビ放映されたり、DVDになったりするたびに監督、脚本家、俳優に支払われる再使用料。浮き沈みが激しく、仕事がない時期もあるこれらの職業に就く人たちにとっては命綱だ。収益を正しく配分するための手段でもあり、過去に監督、脚本家、俳優たちが、全米映画テレビ製作者団体(AMPTP)と交渉して勝ち取ったものである。

悪い条件をのんでしまった

Netflixがオリジナル作品製作に足を踏み入れたのは2013年で、彼らは最初、このシステムの蚊帳の外であり、レジデュアルを払わなかった。今では事前に決められた額をレジデュアルとして上乗せする形を取るようになっている。

しかし、ハリウッドの外にいて事情がよくわかっていなかった韓国人のファンは、悪い条件を提示されても、承諾してしまったのだろう。韓国のテレビ局に10年も売り込んできては断られてきただけに、やっと受け入れてくれたという純粋な感謝の気持ちもあったと思われる。無名だったシルヴェスタ・スタローンが『ロッキー』の脚本を売った時、作品の権利まで売ってしまって、今、非常に後悔しているのと同じことだ。

次ページ今度は良い条件を提示
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT