3年ぶりに帰国した日本人が驚いた「ヤバい日本」 日本は「海外旅行先」として人気沸騰中だが…

拡大
縮小
海外旅行地としての日本人気はとどまるところを知らないが…(写真:Ryuji/PIXTA)
この記事の画像を見る(4枚)

2023年5月、コロナが感染症法の5類に移行されると同時に海外からの入国制限も撤廃され、観光業界ではインバウンドによる景気の促進が大きく期待されていると聞く。中国をはじめとするアジア各国からの観光客が主力なのだろうが、欧州の人々の間でも海外旅行地としての日本人気はとどまるところを知らない。

実際、イタリアに暮らす私の周りでも、「ようやく日本に行けて嬉しい!」と声をかけてくる友人、知人がとても多い。コロナ前からそういう人たちはもちろんいたのだが、今は待ってました!とばかりに友人たちは興奮気味。それに加えて、ちょっとすれ違っただけのような人まで私が日本人とみると、声をかけてくる。先日も病院で看護師さんたちが「私の息子は8月に日本へ行くチケットを予約したのよ!」「あら、私も行きたいけど、どこの代理店がいいかな?」と私に話しかけるでもなく盛り上がっていた。

日本の8月は暑くて気の毒だなあ、と思いながらも、自分の国が人気があるのはとても嬉しく、誇らしい気持ちになる。アニメが大好き、柔道をやっている、など日本が大好きという人は以前からいたが、そうでない“普通”の人たちが、「行ってみたい国」として日本をあげるのは、10〜15年以上前にはそれほど多くなかったように思う。日本人気は今、日本人の私が思う以上に沸騰中のようだ。

日本って、変じゃない?

だがそんなイタリアの人たちの日本愛、そして日本の旅行業界や政府の期待をよそに、私は心配していることがある。それは、大きな期待を持ってやってくる旅行者たちが、期待通り満足し、日本への愛をキープしたまま帰国の途についてくれるだろうか、ということだ。

なぜそう思うかというと、実は私は昨年末、コロナで足止めを食らっていた多くの海外在住者同様、3年ぶりにやっと帰国することができた。その日本滞在中に「日本って変じゃない? 世界からズレてるよね?」という違和感をあちこちで感じたからだ。

次ページわかりにくい駅の案内表示
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT