定年後「途方に暮れない人」が50代でしていること 日本の未定年はこれからどう準備すればいいか

拡大
縮小
いまの50代が先駆者となって、後進にロールモデルを示すために必要なこととは(写真:jessie/PIXTA)
「定年」と聞いて、明るいイメージを持てる人は少ないのではないでしょうか。昭和の日本では、年金をもらいながら悠々自適が、定年後の標準モデルでした。しかし、令和の現在は年金不安とともに、「働き続ける」ことを国から求められています。
そんな不安が募る定年を控えた40〜50代は残りのキャリアをどう過ごしていったらいいのか。本稿では博報堂シニアビジネスフォースのメンバーで、キャリアコンサルタントの資格を持つコピーライターの三嶋(原)浩子さんの新著『未定年図鑑~定年までの生き方コレクション』の一部を引用しながら、「未定年」世代が今からできることを解説します。

「未定年」とはどの世代を指すのか?

♪そして僕は途方に暮れる……という歌が1980年代にヒットしましたが、いま日本の50代はそんな気持ちではないでしょうか。我が国ではついに人口の半分が50歳以上の中高年層となり、人生100年時代を迎えました。企業には65歳までの雇用義務が課せられるようになりました。

しかし、40代後半~50代は終身雇用制度に守られ、信じてきた世代。それなのに65歳まで働いて、年金受給をできるだけ先へ延ばすようにと、国から言われる。現実にしっかり向き合って、計画し、準備する人は、まだまだ少数派ではないでしょうか。

長寿国・日本のマーケットにおいて、シニアたちのインサイトを探り、ビジネスを生み出している博報堂シニアビジネスフォースは、40~50代の定年を意識し始める世代を「未定年」と名付けました。

次ページ「未定年」が途方に暮れる潮目の現況
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT