会社員はうんざりな「凡人」が起業する現実的方法 自分で「才能がない」と思っていてもチャンスあり

拡大
縮小
(写真: Fast&Slow/PIXTA)
「このまま歯車として働き続けても将来が不安」「わずらわしい人間関係にうんざり」。会社員生活にそんなモヤモヤを抱えている人が、起業するにはどうしたらいいのでしょうか。連続起業家の福山敦士氏に書籍編集者の堀田孝之氏が「凡人のための起業術」を聞いた書籍『人脈もお金もゼロですが、社畜で生きるのはもう限界なので「起業」のやり方を教えてください!』より一部抜粋・再構成してお届けします。

福山:才能のあるなしについて語りましょう。起業やビジネスについての相談を受けたとき、ほとんどの方は謙遜して「自分には才能がない」と言いがちです。

野球を例にすると、大谷翔平選手には特別な才能があると思います。打力や投力、走力などのパラメーターを示したレーダーチャートがあれば、すべてのパラメーターが突き抜けているようなイメージです。それを自分と見比べたとき、確かに大谷選手に比べて「才能が少ない」といえます。

けれど、「才能がない」わけでは決してありません。ここで大切なのは、「自分は何が得意なのか」「まわりと比べて、ここは負けないという分野はないか」「今と違う地域、国に行けば、絶対に勝てる領域はないか」を探ることです。ビジネスの世界にも同じことがいえると思います。できる人と比べてしまうと、「才能がない」と考えてしまいがちですが、「才能がある」といえるビジネススキルが必ず誰にでもあるものです。

たとえば、事務の仕事をずっとしていてタイピングの速度がめちゃくちゃ速い。これだけで才能です。世の中には議事録やレポートを必要としている人が一定数います。つまり、タイピングが速いだけでも起業のチャンスはあるということです。

時間があるだけで立派な才能

福山:もっというと、「時間が余っていて、ひまである」だけで、立派な才能です。

堀田:と、いいますと?

福山:人手不足が課題の企業は山ほどあります。仕事内容はなんであれ、「一定の時間、働いてくれる人」は重宝されるのです。1日8時間労働で、月20日稼働できるとすれば、その人には1カ月に160時間の時間があることになります。「時間を売る」ことができる人は、それだけで仕事になるはずです。

堀田:時給のバイトみたいですね。

次ページ会社員時代と同じ業種がよい?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT