「ゴミを出すのが怖い…」20代女性が抱いた"絶望" 「ゴミ屋敷」になりやすいのは意外なタイプの人

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
拡大
縮小
ゴミ屋敷の風呂場
バスルームには洗面道具ではなく、ペットボトルが山積みになっていた(写真:「イーブイ片付けチャンネル」より)
関西地方のゴミ屋敷に住む20代女性はその撤去作業中、涙が止まらなかった。一見すると仕事もプライベートも充実していそうな彼女は、自らの部屋の理想と現実のあまりのギャップに苦しんでいた――。
本連載では、さまざまな事情を抱え「ゴミ屋敷」となってしまった家に暮らす人たちの“孤独”と、片付けの先に見いだした“希望”に焦点をあてる。
ゴミ屋敷・不用品回収の専門業者「イーブイ(大阪府大阪市)を営み、YouTube「イーブイ片付けチャンネル」で多くの事例を配信する二見文直社長が、ゴミ屋敷からの再スタートを切ったある女性について語った。

生活ゴミしかない20代女性の汚部屋

「この部屋に住んでいるのは10年くらいで、散らかり出したのは3年前から。仕事の帰りが深夜の1時、2時という日がずっと続いて、帰ってきてから何もする気になりませんでした。ご飯はいつもコンビニ。そういう生活がルーティン化してしまって。自分の理想と現実が……。本当はできるのに、現実はできない。誰にも言うことができなくて、悪循環に……」

女性は涙を流しながらそう話した。大阪市から車を3時間走らせたところにある1Kのアパートは、家具などの“モノ”は少ない代わりに“生活ゴミ”が部屋の大部分を占めていた。玄関を開けるとすぐに足でゴミをかき分けていかないことには、中に入ることができない。

空のペットボトルと、口が結ばれた小さめのレジ袋が目立つ。そのレジ袋の中にはコンビニ弁当の容器が入っており、1食ごとにまとめてはいるものの捨てることができずに、部屋の隅に投げていたのだろう。バスルームを開けると湯船まで空のペットボトルで埋まっていた。シャンプーや石鹸の類のゴミはないようだ。

「これくらいの量であれば、自分で片付けられるという気持ちがありました。でも、この生活に慣れてしまっている自分もいて。居心地がいいってわけではないんですけど、楽というか。誰にも見られないですし。それが続いて、気付いたときには『どうしよう、どうしよう』となっていました」

ゴミ屋敷の間取り
今回の部屋の間取り(写真:「イーブイ片付けチャンネル」より)
次ページ若い女性は「モノ屋敷」になる人が多い
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT