海外「子連れ赴任」で変わる、家族の生き方

日本のやり方がすべてではない!

すでに帰国された方からもこのような意見が。

 日本に戻って子どもが小学校に入ると、あまりにもがんじがらめで意味のない規則、ルール、見た目がよいというだけのために子どもたちを整列させる、同じような服装をさせる、笑顔を禁じるというような考え方に、自分も同じような小学校時代を過ごしてきたはずなのに、大きなショックを受け、うんざりしてしまいました。
 今は気持ちの折り合いをつけてお付き合いしていますが、子どもには「みんなと同じにする必要はないんだよ」と口を酸っぱくして言うようになりました。(91年卒、ニューヨーク)

海外赴任のスタイルも多様化

親子ともに苦労や悩みも、成長する機会も多そうな海外生活。留学や赴任の形態も、これまでよくありがちだった

①夫に妻と子どもがついていく
②妻と子どもを日本において夫だけ行く

だけが選択肢ではなくなってきています。

さらに、以下のように海外赴任の形は多様化しています。

③夫は日本において妻と子どもだけで行く
④夫と子どもを日本において妻だけでいく
⑤妻に夫と子どもがついていく
⑥夫妻で時期を合わせて家族全員で動くなど

 

どの選択肢を採ろうか悩んでいるママパパに、今回の記事が参考になることを祈ります。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT