"通じる英語"の基本は、大きな声と表情だ!

「正しい発音」という呪縛を捨てよう

Kaori:間違えましょうよ!どんどん!!アメリカに行ったって、どれほどの人が正しい英語をしゃべっているかって話ですよ。思った以上に間違った、あるいはいい加減な英語で会話がされていると思います。たとえば、黒人の中にはI ain’t no business.とか平気で話す人もいます。「なんすか、それ?」ってなりますけどね。「ビジネスするの、しないの?もうどっちなの?」みたいな。

I am eatingじゃなくて、Me eatingって言ったり。文法が必要ないって言っているのではないんです。文法は大切だし、知っているに越したことはないけど、絶対ではないと私は思っています。

安河内:じゃあ、発音が間違っていてもOKだと?

大きな声で話せば思ったよりも伝わる

Kaori:はい。伝わればいいんです。自信なさげにぼそぼそつぶやくのではなく大きな声で話せば、思ったよりも伝わります。

安河内:すでに話題にしたように、日本人は英語で話すとき、受験英語のブレーキがかかるんですね。常に4択、並べ替えといった問題のテストばかりを受けて、文法的な正しさだけを試されてきた。しかも、受験英語から解放され社会人になっても、マークシートのテストで正しい答えを選ぶことをやり続けています。

発話するときには、それがブレーキとなる。三単元のSがついているかどうか、過去形になっているかどうかとかね。私自身も英語を長い間学んでいるわけですが、最近三単元のSを完璧につけるようとするのは、あきらめました。30年以上やってきてね。もう無理だという境地にやっと至ったんです。三単元のSを完璧に使い分けるには、まず瞬間的に主語が三人称かそれ以外か、続けて次にすぐ複数か単数か見抜かなければならない。そして、現在形のときだけSをつける。無理だし、もうやめたぞ!と最近になって(笑)。

でも面白いもので、あきらめてからは、前よりもうまくできるようになりました。気にしなくなると、ブレーキがかからなくなるのでしょうね。瞬時にSがついているときがある。完璧を追求していたころは、主語と動詞の間で必ずポーズができてしまっていたのに。

同じようにbe動詞がisかareなのかも気にしすぎるとブレーキがかかってポーズが生まれ、滑らかに話すことができない。逆に気にとめなくなると、これもだんだん使い分けができるようになる。気にしない、あきらめる、開き直るというのは、案外に理にかなっているんですよね。

次ページ英語の先生が驚いたこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング