ラオックスは、もはや「土産物屋」になった!?

龍馬ゆかりの地で「長崎は今日も美味だった」

【4月10日(金)】9時7分、日経平均は、2万0006円の高値を付けたが、大引けでは、30円安の1万9907円と小反落。16時、吉野家ホールディングス(9861)から、株式会社どんの株式交換による完全子会社化に関するお知らせがあった。交換比率は、どん1000株を吉野家株40株。

上場廃止時16円で買った「どん」が5年で3.3倍に!

どんの筆頭株主は、吉野家ホールディングスで、79.71%保有。実は、どんは、『オール投資』2010年7月1日号(P64)の「内田衛の日々是投資」を見ると2010年5月28日の上場最終売買日の大引け16円で5000株買っており、上場廃止となった今も保有中。昨年の5月には上場廃止になって初めて、株主優待30%割引券が10枚送られてきた。

この発表で、9月1日、私のどん株5000株は吉野家株200株になるが、本日の吉野家ホールディングス終値1318円なので、8万円の投資が、約5年で26万3600円(3.295倍)になる計算だ。業績回復で再上場も期待していたのだが、まずまずの結果かな。昔、セイコーエプソン(6724)の子会社のオリエント時計が上場廃止となって再上場を目指していたが、この時はTOBで完全子会社化となった。この時もオリエント時計現物株1万株を名義書換してタンス株券として4~5年保有していたが、今回と同じケースとなった。

【4月11日(土)】NYダウは、98ドル高の1万8057ドルと2週間半ぶりの1万8000ドル台。1ドル120.22円、1ユーロ127.42円。日経225先物は、20円高の1万9990円。急な長崎のオランダ坂を上ってきた日経平均だが、来週以降2万円をキープできるかどうか見守りたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT