アラサーのための戦略的「人生相談」--「ゆでガエル」として生きるほうが、幸せでは?(その1)


子供たちに戦わない背中を見せて育てたのは誰でしょうか? 「戦うこと」を悪いこととして、教育してきたのは誰でしょうか? ケンカして帰って来た子供に、理由も聞かず「争いはいかん」なんて言っていたのは誰でしょうか?

今のアラサー以下は、生まれてからずっと「問題の渦中」にいます。上の世代、つまり、われわれまでのツケを払わされているんです。もう四半世紀も前に、「問題あり」とわかっていましたし、「何が問題か」もわかっていました。しかし、それはつねに先送りされてきました。

そういえば「モラトリアム世代」なんて言葉もありましたね。いつかは先送りできなくなり、問題が噴出すると分かっていたのに。それが21世紀になって、ついにやってきた。

ここで言う「問題」とは、個別の問題を指しているのではなく、いわば「社会システム全体」のことです。個別な問題に対しては、その時々に対応し、小器用に切り抜けてきましたが、構造的な問題には手をつけないままだったので、「このままじゃ済まないだろう」という認識はありました。

だから1980年代末のいわゆるバブル期に、「世界で最も成功した国、ニッポンはRising Sunだ」なんておだてられても、面映ゆくて仕方がなかったし、どこか居心地が悪かった。

そして「バブルがはじけた」ときは、「やっぱりな」と、どこかホッとして納得する部分がありました。そのあと経済の低迷が続いたときに小泉さんが、絶妙なタイミングで「構造改革!」と叫んだもんだから、中身をちゃんと吟味しないまま、皆が飛びついちゃったわけです。

問題はなぜ先送りされたのか?

今年の年頭に、『デフレの正体』というベストセラーを読みました。すばらしい内容で、現在までの経済政策がなぜ効かなかったのかがよくわかります。まさに「目からウロコ」です。

著者の藻谷さんが本文中で、「実は、ここに書いてある事実を指摘したのは私が初めてではない。10年以上も前に、Yさんという方が指摘されている」と述べています。Yさんとは経済産業研究所のフェロー同士として2002年にお会いして以来、親しくさせていただいているので、早速、「四谷でうまい野菜鍋食いましょうよ」と誘い出し、2月のある寒い夜に一席を設けました。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT