アラサーのための戦略的「人生相談」--「ゆでガエル」として生きるほうが、幸せでは?(その1)


子供たちに戦わない背中を見せて育てたのは誰でしょうか? 「戦うこと」を悪いこととして、教育してきたのは誰でしょうか? ケンカして帰って来た子供に、理由も聞かず「争いはいかん」なんて言っていたのは誰でしょうか?

今のアラサー以下は、生まれてからずっと「問題の渦中」にいます。上の世代、つまり、われわれまでのツケを払わされているんです。もう四半世紀も前に、「問題あり」とわかっていましたし、「何が問題か」もわかっていました。しかし、それはつねに先送りされてきました。

そういえば「モラトリアム世代」なんて言葉もありましたね。いつかは先送りできなくなり、問題が噴出すると分かっていたのに。それが21世紀になって、ついにやってきた。

ここで言う「問題」とは、個別の問題を指しているのではなく、いわば「社会システム全体」のことです。個別な問題に対しては、その時々に対応し、小器用に切り抜けてきましたが、構造的な問題には手をつけないままだったので、「このままじゃ済まないだろう」という認識はありました。

だから1980年代末のいわゆるバブル期に、「世界で最も成功した国、ニッポンはRising Sunだ」なんておだてられても、面映ゆくて仕方がなかったし、どこか居心地が悪かった。

そして「バブルがはじけた」ときは、「やっぱりな」と、どこかホッとして納得する部分がありました。そのあと経済の低迷が続いたときに小泉さんが、絶妙なタイミングで「構造改革!」と叫んだもんだから、中身をちゃんと吟味しないまま、皆が飛びついちゃったわけです。

問題はなぜ先送りされたのか?

今年の年頭に、『デフレの正体』というベストセラーを読みました。すばらしい内容で、現在までの経済政策がなぜ効かなかったのかがよくわかります。まさに「目からウロコ」です。

著者の藻谷さんが本文中で、「実は、ここに書いてある事実を指摘したのは私が初めてではない。10年以上も前に、Yさんという方が指摘されている」と述べています。Yさんとは経済産業研究所のフェロー同士として2002年にお会いして以来、親しくさせていただいているので、早速、「四谷でうまい野菜鍋食いましょうよ」と誘い出し、2月のある寒い夜に一席を設けました。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。