リー・クアンユーの政策は万能ではなかった

「アジア的価値観」は賞味期限切れ

リーは、西洋に古来存在するステレオタイプのイメージ、「東方の賢人」を演じてみせるのがうまかった。英ケンブリッジ大学留学中に西洋文明から非常に多くを吸収したにもかかわらず、自らの政策についてはアジア的出自を強調することを忘れなかった。

リーは決して、西洋の自由民主主義が誤りだとは主張しなかった。ただ「アジア人」には向いていないと述べた。アジア人は、個人の利益よりも集団の利益を上に置く考え方に慣れていると主張した。生来、権力者に対して従順で、こうした傾向はアジアの歴史に深く根差す「アジア的価値観」なのだと主張した。

優れた政策もいずれ限界を迎える

シンガポールの民主化を進めていたら、今よりも効率を欠き、繁栄を欠き、平和でもない社会となっていただろうか。韓国と台湾は1980年代に民主化され、それぞれの独裁的資本主義に終止符を打った。それ以降、両国は非常に繁栄している。民主主義が日本経済に悪影響を及ぼしたということもない。

リーは終始一貫して、シンガポールのような多民族社会では、高い能力を持つ官僚が上から調和を押し付けることを前提としなければならないと述べていた。エリートを厚遇することで、汚職がはびこる余地を最小限まで狭めた。しかしそれには副作用もあった。シンガポールは効率的で汚職も比較的少ないかもしれないが、一方で不毛な土地となってしまった。知的な業績や芸術的な成果が生まれにくい国となってしまったのだ。

小規模な都市国家で、ある一時期有効であったにすぎない政策が、より大きく、より複雑な社会にとって有益なモデルとなるとは到底考えられない。資本主義と強権政治を組み合わせる中国の試みは、大規模な富の偏りを伴う腐敗の一大システムを生み出した。またプーチンは、自らの政策の社会的失敗、経済的失敗を覆い隠すため、極めて好戦的な国家主義に頼らざるをえなくなった。

それを思うと、シンガポールの滑らかに流れるハイウェー、摩天楼が屹立するオフィス街、磨き上げられたショッピングモールを賞賛せずにはいられない。しかしリーの遺産を評価する際は、金大中・元韓国大統領がリーに向けて書いた言葉に注意を払う必要がある。「最大の障壁は文化的な性向ではなく、独裁的指導者やその擁護者が示す抵抗だ」。

週刊東洋経済2015年4月18日号

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT