日本では、なぜ「長時間労働」がはびこるのか

欧州赴任中は早く帰宅、帰国後は残業漬け

たとえば、病児保育事業などを手掛けるNPO法人フローレンスでは「働き方革命」と称した業務改善を行った結果、1日当たりの平均残業時間が15分にまで減少できた。

一つの仕事を二人で担当することを原則としたことで、属人的で非効率な仕事のやり方がなくなり、結果的に社内のすべての業務がマニュアル化された。会議では議題とタスクを「見える化」することで、会議時間が短縮化された。また、チーム内で残業が発生するのは、マネジャーが適切な業務配分をできていないためと認識されるようになった。効率化ばかりではない。毎日の昼礼で社内のコミュニケーションも円滑に行っている。

また、化粧品の通信販売を手掛けるランクアップは、約40人の社員全員が毎日17時に帰る。社員一人ひとりが自分の仕事を「不要な業務」「自分より人に任せる業務」「自分がすべき業務」に振り分け、自分がやるべき仕事だけに集中させる。

通販会社はルーティンワークを外注任せに

ルーティンワークは基本的に外注だ。経理部長もいない。外注先を集めた定例会議を行っているため、細かいことは社員を通さなくても外注先同士で決めていい。

社員には業務内容ではなく使命を言い渡すことで、誰もが自分の裁量で仕事ができるようにした。同社の岩崎裕美子代表は、「うちの社員は全員、何のためにその仕事をしていて、会社にどう貢献しているのか即答できます」と胸を張る。その結果、社員から次々と新しい企画が提案され、いくつもの新事業が生まれつつある。

少子化対策といった大義だけではなく、一企業にとっても女性を含む優秀な人材を確保するには、職場環境の改善は喫緊の課題だ。そのためにも、無駄の多い長時間労働はなくさなければならない。

「週刊東洋経済」2015年4月18日号<13日発売>「核心リポート05」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT