「新ペヤング」は、いったい何が変わったのか

ゴキブリ騒動から半年、6月に販売再開

画像を拡大
まるか食品のホームページのトップ画面。通常の画面に戻れる日はいつになるだろうか

生まれ変わった「新ペヤング」は、異物の混入を防ぐため、フタはシールで密閉する容器に変更。混入前は多くの種類があったが、当面は主力の「ペヤングソースやきそば」のみを製造する。まず6月に首都圏で販売を初め、徐々にエリアを拡大させていくことを目指している。

ゴキブリ混入発覚前の製造能力は1日40万食で、再開後もそれは変わらない。販売休止中の半年間の売り上げは当然ゼロ。今後の売り上げ見通しについて、「消費者にどの程度受け入れて頂けるか見当がつかない」(広報担当)という。

ネットオークションでは高値入札も

昨年の混入発覚後は、自社の責任を当初否定したまるか食品の初動対応に批判が殺到した。一方で、店頭から消えた「ペヤング」がネットオークションに出品されると、根強いファンが高値で入札。「ヤミ米」をもじって「ヤミペヤング」という言葉がネット上で飛び交う現象も起きた。

まるか食品は、ゴキブリ混入経路の解明などの調査を進めてきたが、実は今に至っても原因を特定できていない。リスクを減少させるべく考えられる対策は打ったものの、懸念は残されたままだ。販売再開後、はたして消費者はどう反応するのだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT