ペヤング全量回収、「異物はゴキブリ」の衝撃度

全商品販売中止、工場再開の時期は未定

12月11日現在、「ペヤング」シリーズはすべて販売中止となっている(撮影:尾形文繁)

やきそば即席麺「ペヤング」シリーズを主力商品として展開しており、群馬県伊勢崎市に本社を置く、まるか食品は12月11日、「製造過程でゴキブリが混入した可能性を否定できなかった」として、2商品の自主回収を発表した。

対象となるのは「ペヤング ハーフ&ハーフ激辛やきそば 235g 賞味期限:2015年5月9日 JANコード:4902885003465」と「ペヤング ハーフ&ハーフカレーやきそば238g 賞味期限:2015年5月9日 JANコード:4902885003649」である。

全商品の販売を中止

ゴキブリの混入は、外部委託機関からの分析結果をもとに、社内で検証を行った結果、判明したものである。

12月に入り、消費者から「ペヤングハーフ&ハーフ激辛やきそば」に虫が混入していたと指摘を受けたのが、事の発端だ。現在はすでに工場の生産を止めており、全商品の販売も中止している。

次ページ自主回収品以外でも返金に応じる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT