三井物産が就活生1800人を集めて行ったこと

人気企業は、だから説明会の手を抜かない

筆者は多くの説明会を取材しているが、この日の説明会は、ほかの合同企業説明会とはだいぶ様子が違うように感じた。普通の合同企業説明会では、通路などで友人と雑談したり、スマホをいじったりして時間を無駄にしている学生を多く見かけるが、この日はそういった学生がほとんどいなかった。

会場でインタビューすると、ほとんどの学生がすでに内定を持っていた。外資系企業の内定を持っているある学生は、「とりあえず納得できる企業の内定があるので、これからは第1志望の総合商社に絞って活動する」という。もちろん、一部の学生にしかインタビューしていないが、ほかの合同企業説明会よりあきらかに内定取得率が高い。

また、3年生の夏以降、数社でインターンシップを行っていたり、OB・OG訪問をするなど、積極的に活動している学生も多かった。都内私立大学の女子学生は「大学のキャリアセンターに頼らず、知り合いに紹介してもらって社会人と会って話を聞いている」とのこと。就活では、OB・OG訪問が有効であると言われているが、実際にOB・OG訪問をする学生は多くない。しかし、この女子学生にように、自分から積極的に行動する学生もいる。

「就職サイトが主催する合同企業説明会とは雰囲気が違う」(取材に同行したカメラマン)。カメラマンによれば、説明を聞いているときの表情、ノートを取る姿勢、質問をする様子が引き締まっているというのだ。私も受け答えのしっかりした学生が多いと感じた。

3月だけで説明会を100回開催

三井物産は会社を幅広く理解する母集団形成のために、積極的に会社説明会を開催しており、小規模のもの含めると3月だけで約100回行っている。そして、今後もこのような大規模説明会を開催する可能性があるという。

会社説明会への人数集めに苦労する企業が多い中、三井物産の説明会には1800人が参加した。応募は約4000人だったが、会場の制約で絞り込まずをえなかった。学生が集まる企業とそうでない企業の格差は極めて大きい。

就職マーケット全体を見れば、3月になってからやっと就活を開始した学生が多い。彼らは合同企業説明会に参加して、これから志望業界を決めようとしている。一方、この日の説明会に参加した学生は3年生の半ばから就職を意識し、志望業界を絞り込んでいるだけでなく、将来のキャリアについても考えている。企業間格差と学生間格差という、今年の就活を象徴するような企業説明会だった。

(撮影:風間仁一郎)
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT