三菱「デリカミニ」5月発売、ブランド復権の狼煙 ついに全貌が明らかに、すでに先行受注も開始

✎ 1〜 ✎ 130 ✎ 131 ✎ 132 ✎ 最新
拡大
縮小
スペーシアベースのカスタマイズ仕様
スズキブースに展示されていたスペーシアベースのカスタマイズ仕様(筆者撮影)
タント ファンクロスのカスタマイズ仕様
ダイハツブースに展示されていたタント ファンクロスのカスタマイズ仕様(筆者撮影)

今回の東京オートサロンでは、三菱に限らず、スズキやダイハツでも、軽スーパーハイトワゴンの新型モデルに、アウトドアスタイルのカスタマイズ提案車を出していたことも印象深い。スズキでは、2022年8月に発売したスペーシアベースに、ベッドキットなどを装備した車中泊仕様を展示。ダイハツは、2022年10月発売のタント ファンクロスの外装に、MTB(マウンテンバイク)をイメージさせるグラフィックや、カモフラージュ柄のシートなどを施した仕様を展示した。

いずれも発売当初から「アウトドアでの遊びも楽しめる」ことをコンセプトとしているモデル。展示車両は、それをさらに強調する仕様となっていた。とくに当展示会には、カスタマイズ嗜好が強い一般ユーザーが数多く来場する(2023年の参加者数17万9434名)。三菱を含めた各メーカーが、異口同音に、そうしたユーザーたちへ向けて、「ぜひ自社モデルで、アウトドア風味の『クルマイジり』を楽しんでください」といわんばかりの展示をしていたことがとても面白い。おそらく、今のアウトドア・ブームと自社モデルをひも付けすることで、顧客へ強く訴求し、販売台数を伸ばすためのマーケティング戦略なのだろう。

デリカブランド復権なるか

リア
デリカミニのリア(筆者撮影)

ともあれ、近年人気が高いアウトドアをコンセプトとしつつ、自社の強みである「デリカ」というブランド力を採り入れた新型デリカミニが、強豪ひしめく軽スーパーハイトワゴンのジャンルで、どれだけ販売台数を伸ばせるかが興味深い。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

前述のように、他メーカーでも近年は、同様の「外遊び」コンセプトを持つモデルを出しているだけに、後発のデリカミニがそれらを打ち破り、新車販売台数などで王者N-BOXにどれだけ肉薄、もしくは追い抜けるのか。軽スーパーハイトワゴン市場のシェア争いが、今後も激化することだけは確かだろう。

この記事の画像を見る(59枚)
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT