三菱「デリカミニ」5月発売、ブランド復権の狼煙 ついに全貌が明らかに、すでに先行受注も開始

✎ 1〜 ✎ 130 ✎ 131 ✎ 132 ✎ 最新
拡大
縮小
デリカミニ
東京オートサロン2023で、その全貌が発表されたデリカミニ(筆者撮影)

三菱自動車(以下、三菱)が、ついに「伝家の宝刀」を抜いた。激戦を繰り広げる軽スーパーハイトワゴン市場に、新型「デリカミニ」の投入を発表したのだ。2023年5月に発売が予定されている新型は、55年もの歴史を誇る「デリカ」シリーズの末弟。長年多くのユーザーに親しまれているブランド名を冠し、近年人気が高まるアウトドアやSUVのイメージを全面に押し出したフォルムなどに注目が集まっている。

強豪ひしめく軽スーパーハイトワゴン市場

デリカミニのリアビュー
東京オートサロン2023に展示されていたデリカミニのリアビュー(筆者撮影)

1700mmを超える全高が生む広い居住性や、後席両側スライドドアなど利便性が高い装備、比較的リーズナブルな価格などにより、ファミリー層を中心に高い人気を誇るのが軽スーパーハイトワゴンだ。同ジャンルには、軽4輪車の年間新車販売台数(1月~12月)で、2022年まで8年連続1位のホンダ「N-BOX(エヌボックス)」を筆頭に、スズキの「スペーシア」やダイハツの「タント」など、強豪モデルがひしめき合う。

また、近年は、スズキが「スペーシアベース」、ダイハツが「タントファンクロス」といったアウトドアスタイルの新型車も投入。一方、三菱にもアウトドア・テイストの軽スーパーハイトワゴンとして「eKクロススペース」もあるが、生産終了が発表されたことで、デリカミニがその実質的な後継モデルとなる。

はたして、新型デリカミニは、混戦状態が続く軽スーパーハイトワゴン市場で、王者N-BOXをはじめとするライバル車に打ち勝つことができるのだろうか?世界的なカスタマイズカーの展示会「東京オートサロン2023(2023年1月13~15日・幕張メッセ)」で、新型の実車をはじめ、カスタマイズを提案したコンセプトカーなどがお披露目されたので、早速その商品性などをチェックしてみた。

次ページ力強さと可愛らしさが共存したスタイル
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT