18年前発売「バイオハザード4」に今年再注目のなぜ 世界が称賛!歴史に残る国産サバイバルホラー

✎ 1〜 ✎ 25 ✎ 26 ✎ 27 ✎ 最新
拡大
縮小

そして、『バイオハザード4』は単にシリーズとして大きく進化しただけではなく、同じジャンルの作品にとっても非常に重要な作品でした。

地底から現れるモンスターをチェーンソーで斬りまくる『Gears of War』や、宇宙船内で不気味なクリーチャーと戦う『Dead Space』という作品にも大きな影響を与えており、世界レベルで注目されたゲームとなったのです。

その人気から『バイオハザード4』はさまざまなゲーム機に移植されていますし、Meta Quest 2ではVR版を遊ぶことが可能です。2023年で18周年を迎えるのに、ここまでいろいろなゲーム機で遊べるのはかなり珍しいといえます。

歴史に残る傑作を今年リメイク

とはいえ、テレビゲームはかなり進歩が速いのが特徴で、さすがに18年前の作品となると古臭い部分は否めません。そこでカプコンはリメイク版となる『バイオハザード RE:4』を制作しており、2023年3月24日に発売される予定となっています。

『BIOHAZARD RE:4』
リメイクして今年3月24日に発売される『バイオハザード RE:4』(画像は『BIOHAZARD RE:4』公式サイトより)

現代のゲーム機に合わせてグラフィックが大幅に強化されているほか、ナイフを使った新しいアクションを取り入れつつ、原作のよさを生かした仕上がりを目指しているとのこと。間違いなく2023年の注目作です。

『Dead Space』
『バイオハザード4』から影響を受けた『Dead Space』(画像は『Dead Space』公式サイトより)

さらに、『バイオハザード4』から影響を受けた『Dead Space』もまたリメイク版が2023年1月28日に発売予定です。当時こそ『Dead Space』は影響を受けた側でしたが、今年は2つのタイトルがリメイク版として正面からぶつかり合うという状況になっています。

『バイオハザード4』は歴史に残る傑作であることは間違いありませんし、2023年のリメイク版に関する動きもまた大きな注目を集めるでしょう。18年経った現在もまた、多くの人に期待されているゲームなのです。

・遊べるゲーム機:Nintendo Switch、PS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|S、PC、Meta Quest 2
・公式サイトはこちら
渡邉 卓也 ゲームライター

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

わたなべ たくや / Takuya Watanabe

いわゆるテレビゲームを専門にコラム・評論などの記事を書くライター。大学卒業後はサラリーマンになったが、満足にゲームを遊べない環境にいらだちを覚えて転身。さまざまなメディアにゲーム関連の記事を執筆。駄作に対して厳しく書いてしまうことでも知られる。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT