「ネガティブ思考な人」が実は有能で賢い納得理由 「脳のクセ」にうまく対処し、行動を変える方法

✎ 1〜 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 最新
著者フォロー
ブックマーク

記事をマイページに保存
できます。
無料会員登録はこちら
はこちら

印刷ページの表示はログインが必要です。

無料会員登録はこちら

はこちら

縮小

自信がないからではなく、万能感を抱いているために、現実がバレてしまうことを恐れ、心を防衛するために、あがってしまうわけです。

セルフイメージが大きすぎる人は、チャッターも大きくなってしまいます。自己イメージは、本来は、小さいときに親から教わったり、友達とのコミュニケーションによって調整されていくものですが、どうしても歪んでしまう人はいます。

自分と向き合うのは苦しいことですが、やはり、イメージや信念を整えておくことは大切です。

サービス業こそチャッターを学べ

誰もがチャッターを抱えているわけですから、自分が誰かのチャッターを解消してあげよう、という視点で本書を読むのもよいでしょう。

医療やメンタルの話だけではなく、特に、サービス業の人にとっては、本書の「チャッターを制御する26の方法」は、通じるものがあるように思います。

例えば、洋服を買おうとして、似合うかどうかを迷っているとき、その人の迷いのチャッターを読み取って、うまく鎮められる店員がいれば、納得して購入することができます。ほかにも、ホテルマンやレストランなど、癒やしを提供する仕事の方には、必要なテクニックでもあるでしょう。

チャッターという言葉そのものは、まだ耳に馴染みがないかもしれませんが、幅広く、普遍的な話です。40カ国でベストセラーになっているのは、それが理由でしょう。

(構成/泉美木蘭 後編へつづく)

菅原 道仁 脳神経外科医・菅原脳神経外科クリニック院長

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

すがわら みちひと / Michihito Sugawara

杏林大学医学部卒業後、クモ膜下出血や脳梗塞といった緊急の脳疾患を専門とし、国立国際医療センター、北原脳神経外科病院にて数多くの救急医療現場を経験。外来診療は月に延べ1500人ほどを診察する時期もあったが、ひとりひとり責任をもって診察をするために2015年6月に八王子市内で小規模ながら大病院並みの検査機器を揃えたクリニックを開業。「病気になる前にとりくむべき医療がある」との信条で、新しい健康管理方法である予想医学を研究・実践している。元・日本健康教育振興協会会長。著書に『認知症予防のカキクケコメソッド』『すぐ怠ける脳の動かし方』『頭の中の貧乏神を追い出す方法 世界一役に立つお金の授業』ほか多数。

この著者の記事一覧はこちら
ブックマーク

記事をマイページに保存
できます。
無料会員登録はこちら
はこちら

印刷ページの表示はログインが必要です。

無料会員登録はこちら

はこちら

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事