話始め10秒でバレる「話が下手な人」の最大の特徴 「話が長い」「聞いてもらえない」人は冒頭が下手

拡大
縮小
説明上手な人と、そうでない人の違いとは(写真:takeuchi masato/PIXTA)
「なぜか、相手に話を聞いてもらえない」「伝えたいことと違う受け止め方をされてしまう」……。そんな経験をしたことが誰しもあるだろう。その大きな要因の1つは「場の定義」をしていないことだと、数多くの研修などで講師を務めるビジネス数学研究家の深沢真太郎氏は指摘する。本稿では「場の前提」とは何かについて、著書『「数学的」話し方トレーニング』から一部抜粋してお届けする。

話をする前に重要なのは「定義」

私たちが日常でする話には「主張」があり、そしてその前に「導入」があります。そしてそこでは定義するという数学的な行為が必要です。数学で最初にする行為は定義であり、それをしないと議論や研究がスタートできません。例えば素数の研究をするのであれば、まず「素数とは〜である」という共通の定義をしなければなりません。実は、この考え方が私たち人間のコミュニケーションに大いに役立つのです。では、具体的に何をどのように定義すればいいのか。

ポイントは大きく2つあります。

●言葉を定義する

●場を定義する

ここでは、2つ目のポイントの、場を定義するということについて説明します。具体的には次の3つのいずれか、あるいはすべてを定義することです。

●時間

●前提

●目的

まずは最もシンプルなものとして、時間を定義することについて説明しましょう。あなたはこれまでに話の冒頭で次のような発言をする人物に会ったことはありませんか。

「手短にお伝えしますが」
「少しばかり長くなりますが」
「いまから5分程度いただいてもいいでしょうか」
次ページ「話が長い」と思われる人に欠けている視点
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT