産毛剃り禁止!「ナゾ校則」が日本にはびこる真因 千葉県の119校の校則を可視化する試みも

拡大
縮小
ナゾの校則、いったい何のためにあるのでしょうか(写真:OrangeMoon / PIXTA)

もはや冗談のような「ブラック校則」はいつまで続くのか。

11月、福岡県久留米市の公立中学校に通う中学3年の女子生徒が“眉毛を剃ったのは校則違反”だと、理不尽な指導を受けたことが報じられた。地元放送局「RKBオンライン」によると、女子生徒は「眉毛と眉毛の間の産毛を剃っただけで、校則違反ではない」と訴えたが、教員からは「それも眉毛だ」ととがめられたそうだ。

筆者も中学生のころ眉毛がつながっているのが嫌で、眉間部分の産毛を剃っていた。産毛を剃ったくらいで校則違反なのか?と大いに驚かされた。

校則を調べられるサイトが立ち上がった

ブラック校則とは、ブラック校則とは人権や健康などを脅かす恐れのある不合理な校則のことだ。最初に注目されたのは2017年。大阪府に住む生まれつき茶髪の女子高校生が、校則で髪の黒染めを強要されたとして学校を提訴、市民団体が3日間で約2万人の署名を集めた件が発端だ。その後『ブラック校則』をタイトルにした映画も生まれるなど認知が広がってきたが、まだまだ撲滅には至っていない。

こうした中、学校の校則を調べられるサイトを立ち上げた人がいる。ITコンサルタントの植山良さん(39)だ。

まずは自身が住む千葉県内にある121の全県立高校のうち、生徒の外見や行動の規制が確認できた119校の校則を公開した。自治体の情報公開制度を使い、入手した校則を細かく分類。サイトを「School Rules Database」と名付け、誰でも無料で閲覧できるようにした。仕事の傍ら制作に10カ月を費やした。

次ページ時代の流れに逆らうブラック校則
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT