画期的!アルツハイマー病患者に朗報

<動画>バイオジェンが治療薬の効果を発表

本文が日本語訳となります(音量にご注意ください)

アルツハイマー病の治療薬という分野は、これまで失敗の連続でした。しかしここで大きな前進がありました。バイオジェン・アイデックの治験薬が、患者の認知機能の低下を大きく遅らせることに成功した、その第一号となったのです。

また研究結果を検討したところ、アルツハイマー病の発病で重要な役割を果たしていると思われる、脳内の垢のような、ある物質を減少させる効果があることも分かりました。

コーウェンのアナリスト、エリック・シュミットは、「見事な」結果だと述べました。アルツハイマー病の専門家の見解も踏まえて、次のように述べました。「当社のコンサルタントによると、データは信頼でき、説得力があり、特段の疑問点もないことを確認したということです」。

バイオジェン・アイデックによると、安全性と認容性についても許容できる範囲でした。しかし副作用が無いわけではありません。脳の組織周辺の水分量が過多になり、5分の1以上の患者が頭痛を訴えました。今回の小規模な実験には、アルツハイマー病の初期患者166人が参加しました。

バイオジェンの株価は急上昇

バイオジェン・アイデックの株価は今年に入り28%の上昇傾向にありましたが、さらに急上昇しました。ロバート・ベアードの上級アナリストクリス・レイモンドは目標株価を500ドル近辺とした上で、「いままでアルツハイマー病の治療薬を見てきた中で、今回のデータはかなり印象的なものだ」と述べました。

バイオジェン・アイデックは次の段階として、薬の承認申請につながる大規模な治験の実施を計画しています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT