有料会員限定

ワタミ・渡邉美樹会長が展望する23年の外食業界 居酒屋はコロナ前の7割が常態化、優勝劣敗が加速

✎ 1〜 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 最新
拡大
縮小

学者、文化人、そして経営者。世界と日本の知性は、未来をどう展望するのか。「2023年大予測」特集のインタビューシリーズから抜粋。

ワタミ会長兼社長 渡邉美樹氏
渡邉美樹(わたなべ・みき)/ワタミ会長兼社長。1959年生まれ。明治大学商学部卒業。84年にワタミ創業。2013年に会長を辞任し、自民党公認で全国比例区から参議院議員に立候補し初当選。19年の議員引退後、同年7月に取締役就任。21年10月から現職。(撮影:尾形文繁)

特集「2023大予測|スペシャルインタビュー」の他の記事を読む

ウクライナ、気候変動、インフレ……。混迷を極める世界はどこへ向かうのか。12月19日発売の『週刊東洋経済』12月24-31日号では「2023年大予測」を特集(アマゾンでの購入はこちら)。世界と日本の政治・経済から、産業・業界、スポーツ・エンタメまで108のテーマについて、今後の展開とベスト・ワーストシナリオを徹底解説する。この記事は本特集内にも収録しています。

コロナ禍に見舞われてから3年が経過し、ようやく復調の兆しが見えてきた外食業界。だが居酒屋業態は苦戦が続く。ワタミの渡邉美樹会長兼社長に2023年の展望を聞いた。

飲食店選別の時代に突入

週刊東洋経済 2022年12/24-12/31【新春合併特大号】(2023年大予測 108のテーマで混沌の時代を完全解明!)
『週刊東洋経済 2022年12/24-12/31【新春合併特大号】(2023年大予測 108のテーマで混沌の時代を完全解明!)』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

──2023年はどのような年になりそうですか。

非常に厳しい、というのが正直なところ。円安は進み、少なくとも1ドル=200円くらいまでいくのではないだろうか。それに伴って資源高や原材料高は加速し、外食業界を含め、あらゆるものが値上がりし続けるだろう。給料の上昇ペースをはるかに上回り、とくにわれわれのような内需産業にとって、2022年よりも厳しい1年になるのではないかと考えている。

──とはいえ外食業界全体で見れば、2022年の秋ごろからコロナ前の水準に回復してきている印象です。

確かに外食業界全体としては、コロナ前に近い水準まで売り上げが回復してきている。しかし居酒屋となると話は別だ。ワタミの店舗でもコロナ前の7割程度の水準にとどまっているのが現状だ。

次ページ優勝劣敗が加速する1年に
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
2023大予測|スペシャルインタビュー
異分子として現場に入り、育成を「発火」させる
短期的見方からは悲観的な考えしか生まれない
東京大学・渡辺努氏「賃上げ5%は実現できる」
哲学者・國分功一郎「ゆっくり思考する時間必要」
「自分たち都合の付加価値」に傾倒していないか
戦争終結には我々が言葉を発していくしかない
米CNNホスト、ファリード・ザカリア氏に聞く
「FRBの過度の利上げは世界金融危機を招く」
ジャレド・ダイアモンド氏が抱く「深刻な懸念」
日本発条名誉会長、日翔会会長 玉村氏が語る
企業のシステム投資加速で5年先までは堅い
三菱UFJFG亀澤宏規社長が目指す意識改革
野村ホールディングス トップが語る成長戦略
侍ジャパンチーム監督・栗山英樹インタビュー
居酒屋はコロナ前の7割が常態化、優勝劣敗が加速
国際線専門LCC、ZIPAIR Tokyo西田社長に聞く
水素など新エネルギーの社会実装を試していく
量より質、高付加価値に見合う価値を求める
働き方は「未来起点」から「現在起点」に変化した
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内